ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、非Project Fiユーザーへの 「Wi-Fiアシスタント」の提供を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が先日予告していた「Wi-Fi アシスタント」機能の提供配信の拡大を本日開始しました。「Wi-Fi アシスタント」とは街中のオープンな Wi-Fi スポットに Google VPN を利用して自動的に接続する切換機能です。元々は Project Fi 対応の Nexus スマートフォン限定機能でしたが、先日、全 Nexus への提供が発表され、非 Project Fi の Nexus でも利用できるようになりました。ただ、実際に利用できるのは米国、カナダ、英国、メキシコ、北欧の国々に限られています。「Wi-Fi アシスタント」は「Google 接続サービス」の中で提供されており、最新版にアップデートすると、設定メニューの「Google」→「Networking」で ON / OFF を切り換えられます。日本は未提供なので、「Networking」は表示されません。「Google 接続サービス」(Google Play)

■関連記事
Samsung、9月17日に名古屋で「Galaxy Studio」をオープン
DeskDock : Androidがまるでサブモニタのように動く、PCキーボード・マウスの共有アプリ
BlackBerry PRIV(STV100-3)の9月のセキュリティアップデートが配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP