ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蔦谷好位置「聴くと千原ジュニアを思い出す」曲とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

蔦谷好位置「聴くと千原ジュニアを思い出す」曲とは?
J-WAVE月曜−木曜23時30分からの番組「THE HANGOUT」(木曜担当ナビゲーター:蔦谷好位置)。9月8日のオンエアでは、こんなリスナーさんからのメッセージを冒頭に紹介しました。

「蔦谷さん、スタッフの皆さん、こんばんは。『THE HANGOUT』、終わってしまうのが、ものすごく悲しいです。毎週木曜、この番組を楽しみに生きているところがあったので、終わったら何を楽しみに生きていけばいいのかわかりません! せめてあと4回、じっくり聴いて楽しみたいなと思います」

…そうなのです。既に発表されていますが、2年間、月曜から木曜までお送りしてきたこの「THE HANGOUT」が9月いっぱいで終了することになりました。

「木曜はあと4回あります。あんまり今からしんみりしてもしょうがないので、あと4回で僕にやってもらいたいこととか、僕に聞きたいことにも何でも答えます!」とラストスパートへの意気込みを語った蔦谷。リスナーの皆さん最後まで楽しんでくださいね!

ということで、今回のテーマは「ラジオな曲」特集。「曲のタイトルや歌詞に“ラジオ”が入っている」「この曲を聴いたらあのラジオ番組を思い出す」など、皆さんが“ラジオ”で思い浮かぶ曲を募集しました。その一部をご紹介します。

■「NOW ON AIR」/赤い公園

「初めて聞いたときビックリしました! ラジオへのハガキに、メッセージを書くのに必死だった子どもの頃の自分のことを歌っているのかと思って」

「この楽曲のメロディ、歌詞、もう全部が本当に好きなんですよね。今、世の中にはテレビやネットなど発達した環境がある中で、それでもこのラジオから流れてくる音楽は特別で大好きなんだという思いがギュッと込められていて、すごく心に響きました」

というリスナーさんたちからのメッセージ。そしてこの曲は蔦谷のプロデュースの曲でもあります。番組にもテーマにもぴったりな一曲ですね。

■「壊れかけのRADIO」/徳永英明

蔦谷は、この曲を聴くと千原ジュニアさんを思い出すそう。「ジュニアさんがカラオケで得意っていうか、僕が勝手に入れるんですけど(笑)。斉藤和義さんと、ザ・クロマニヨンズのマーシー(真島昌利)さんと、ジュニアさんと4人でカラオケに行ったときに、この曲をずっと歌わせてたんですよ」(蔦谷)

番組中には、「THE HANGOUT」火曜担当ナビゲーターの川田十夢から「モノマネ付きで」というムチャぶりと共に、エルヴィス・コステロの「Radio Radio」のリクエストも届きました(笑)。

リスナーの皆さん、そして蔦谷自身の“ラジオ”にまつわる曲や、この番組に関する思い出がたっぷり聞くことができた今回のオンエアでした。

あと残り3回となった木曜日の「THE HANGOUT」。蔦谷が放送中に宣言した通り、「やってほしいこと、聞きたいことに何でも答えます!」とのことなので、皆さんぜひぜひ番組へメッセージをお送りください♪

【関連サイト】
「THE HANGOUT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。