ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性ファンも注目、“完全なるアイドル” わーすたが魅せた超満員のO-EAST定期ライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 avex初のアイドル専門レーベル iDOL Streetの第4弾グループとして、今年5月にフルアルバムで全世界110か国デビューという華々しい船出を迎えた5人組アイドル わーすた(ざ・わーるど・すたんだーど)が、9月3日に東京 TSUTAYA O-EASTにて定期ライブ 【わーすたランド わ-3】を開催した。

各メンバーのソロカットなど計33枚

 すでにその人気は近年の新星アイドルの中でもズバ抜けており、この日も1000人規模の会場ながら客席は瞬く間に埋まった。中でも女性客が目立ち関係者席も超満員と、結成から1年半、メジャーデビューから半年足らずのアイドルグループとは思えないほどの注目度だ。

 ステージは序盤、HKT48やNMB48の楽曲も手掛け、わーすたのサウンドプロデュースを担当する23歳の気鋭クリエイター 鈴木まなかがDJとして参加。意味深なタイトルをはじめハチャメチャな世界観が爆発する「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」から、パワーパフ ガールズ公式ダンスミュージックに起用された「ぱわわわわん!!! パワーパフ ガールズ」と、キャラクター性の強い楽曲を畳みかけていく。

 また、彼女たちは“世界に照準を合わせ活動するデジタルネイティブ世代アイドル”を自称しており、メンバーはそれぞれに習っているという韓国語(三品瑠香)、英語(廣川奈々聖、小玉梨々華)、中国語(松田美里)、フランス語(坂元葉月)を織り交ぜながら自己紹介。わーすたのステージはスマホでの写真や動画撮影を許可しているのだが、制服をベースにデザインされた新衣装だったこともあり、客席からは無数のスマホが掲げられていたのも印象的だ。

 さらに結成時からの特徴のひとつである“猫耳”にメンバー自身が不満を並べる楽屋映像や、“アイドル多すぎ” “猫耳しんどい”とぶっちゃける新作など自虐的な笑いを誘うアプローチがあれば、アンコールで披露したその鳴き声をキュートに歌う歌詞を会場が一体となってコールする「いぬねこ。青春真っ盛り」まで。まさに全方位にアプローチするそのポテンシャルは、9月28日にリリースする1stシングル『完全なるアイドル』のタイトルが大袈裟ではないと思わせるだけ秘めているのだ。

 当ライブの最後には新たな発表として、広島、福岡、北海道、愛知、兵庫で開催するツアー【完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー】のツアーファイナルとして、東京 TSUTAYA O-WEST公演を12月11日に開催することも決定した。iDOL Streetが誇るルックスとパフォーマンス力を持ち、SNS時代を活用した活動で日々存在感を高めているわーすたが今後、どのような展開を見せてくれるのか、期待できそうだ。

撮影:杉岡祐樹

◎シングル『完全なるアイドル』
2016/09/28 RELEASE
【CD+Blu-ray+スマプラ・ミュージック&ムービー】
AVCD-39301/B 2160円(税込)
【ミュージックカード(イベント会場、mu-moショップ限定商品)】
AVZ1-39302~AVZ1-39308 1000円(税込、全7種類)

◎ツアー【完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー】
10月22日(土) 広島 SECOND CRUTCH
10月23日(日) 福岡 INSA
10月29日(土) 北海道 札幌DUCE
11月6日(日) 愛知 名古屋RAD HALL
11月12日(土) 兵庫 神戸Kobe SLOPE
12月11日(日) 東京 TSUTAYA O-WEST

関連記事リンク(外部サイト)

東京女子流 ニューシングル今冬リリース&ワンマンライブ開催
3B junior 新アルバム好発進! 緊急決定追加イベント開催&全曲試聴トレーラー公開
でんぱ組.inc 新曲含む初のベストアルバム『WWDBEST ~電波良好!~』今冬リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP