体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【9月10日は寝具の日】スッキリ起きられない原因は枕かも!? 身近なもので作れる整形外科医直伝の快眠「玄関マット枕」って?

【9月10日は寝具の日】スッキリ起きられない原因は枕かも!? 身近なもので作れる整形外科医直伝の快眠「玄関マット枕」って? 玄関マット枕_アイキャッチ 玄関マット枕_1

まだまだ寝苦しい日が続きますが、寝起きの首筋の痛みやいびきなど、睡眠に関するお悩みがある人はいませんか? 良質な睡眠がとれない要因の多くは、実は枕が合っていないことが関係しているのだとか。

「じゃあ、合っている枕を買おう」

と考えた場合、お店でオーダーするのが一般的。ところが、お店まで足を運んで計測・診断するオーダー品は、時間も値段もそれなりにかかります。

そこで今回は、学校やバイトの日に朝スッキリ目覚められるよう、身近なものでカンタンに作れる「玄関マット枕」をテレビでもおなじみ、整形外科医で枕研究の第一人者でもある山田朱織さんにお聞きしました。

 

合わない枕は健康にも影響が!

玄関マット枕_2

「枕ってそんなに重要?」と侮ることなかれ! 合わない枕はのどを圧迫し、脳への血液循環も悪くなりがち。結果として、いびきや寝つきの悪さにつながります。さらにそれだけではありません。

合わない枕を使い続けると、いびきや不眠などの睡眠に関わる症状のほかに、頭痛・肩こり・首筋の痛みや腰痛などが慢性的に出ることも。

 

高すぎ? 低すぎ? 自分の枕をチェックしてみよう!

玄関マット枕_3

じゃあ、合わない枕って何が合ってないの? それはそれぞれの体形・体格に適合した枕の「高さ」です。では、自分の枕が体形に合っているかどうかチェックしてみましょう。自分が寝る時、または起きた時に下記のような状態の人は、枕が合っていない可能性があります。 ・枕が低すぎる: 手を頭や枕の下に敷いて寝ている。肩が枕に乗り上げている。うつぶせ寝になる。手をばんざいして寝ている。

・枕が高すぎる:枕が頭の下からなくなっている。喉がつまる。顎が下がる。

また、どちらのケースでも起こり得るのが、「起床時に枕が頭から外れている」「楽に寝返りがうてない」こと。割とありがちなシチュエーションなので、見逃してしまいそうですが要注意です。

 

理想は首から背骨にかけて、まっすぐにキープできる枕

玄関マット枕_4

でも、自分に合う高さってよく分からないですよね。山田さんのお話では、 ・仰向け:首の角度が約15度前後。息の通りが楽であること。

・横向き:顔の中心、首、腰迄の軸が一直線になり床面平行になる。肩の圧迫がなく楽に横向きになれる。

が、理想の枕なのだとか。

15度は、仰向けの際に首の骨がストレートになる角度の目安。首の骨がまっすぐになると首の奥にある“頸椎椎間孔(けいついついかんこう)”と呼ばれる神経が通る管の出口が広がるため、肩こりや頭痛などの不調が軽減するのだそうです。横向きで平行になるのが理想というのも同じ理由です。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会