体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【甘党必食】大阪名物「一心堂」の果汁たっぷりフルーツ大福は知らなきゃ損だ

f:id:uralatokyo:20160816143509j:plain

大阪のお土産といえば何を連想しますか? 何を買っていきますか?

たこ焼き、おこし、豚まんなど定番のお土産もいいけれど、ちょっと違った凝ったお土産を渡して、喜んでもらいたいものです。

そんなときにオススメしたいのが、「一心堂」のフルーツ大福。

大阪駅前にある阪急うめだ本店では、連日行列が絶えず、なかなか手に入らない貴重なものですが、何時間も並んだ末に一度買って食べると、あまりの美味しさに何度もリピートしてしまうという噂があり、本当なのかどうか、確かめたくて、大阪府堺市にある本店を訪ねました。

f:id:uralatokyo:20160816143619j:plain

▲行列です! 堺市にある本店

お話をうかがったのは、社長の奥様。とても気さくな方で、お忙しい中、とてもご丁寧に、フルーツ大福の誕生の歴史などを語ってくださいました。

イチゴ大福ブームが起こったのは、1980年代後半。あるテレビ番組がきっかけで、全国中に広まりました。それが、イチゴ大福のはじまりと思っている年代の方もいますが、そうではありません。「一心堂」では、すでに40年以上前からイチゴ大福を作っていたそうです。

最初は粒あんとお餅を使っていましたが、お餅は冷蔵庫に入れると硬くなってしまうために、冷蔵庫に入れても柔らかい状態のものを開発。

お客さんの声を反映して、粒あんだったものを白あんに変えました。

現在、「一心堂」で作られているフルーツ大福は白あんを使用していますが、イチゴ大福のみ、粒あんと白あんがあります。

f:id:uralatokyo:20160816143755j:plain

▲粒あんのイチゴ大福をカットしたところ

イチゴ大福の評判は上々で、瞬く間に噂で広まり、客足が途絶えることのないほどの人気となりました。すると、「桃の大福を食べたい」などの要望が増えて、6月~8月のお盆頃までの季節限定で作ることになったそうです。

最初は、近くの桃を使ってましたが、現在はその都度大福に合う桃を厳選して使用しています。鮮度の関係上、桃は消費期限が当日のため、ネット販売はしていません。

店頭販売というところが、まさに貴重なお土産で、どうしても食べたくなってしまいますね。

夏はみかん大福、冬はスイカ大福が甘くて美味しい!

その後、次々とフルーツの種類が増え、メロン、マンゴー、みかん、ぶどう、スイカ、パイナップルなど、季節に応じて種類が変わるフルーツ大福を製造販売しています。

果物の旬とフルーツ大福の旬はちょっと違います。たとえば、夏限定のものとして思われがちなスイカ大福は年中ありますが、実は1月のスイカ大福が美味しいとか。高知県夜須のスイカを使用し、冬のスイカだけどとても甘みがあるそうです。また、夏のみかん大福は温室で収穫したみかんを使用しているので、皮が薄くてとてもジューシーな味でオススメです。

夏にみかんを食べて、冬にスイカを食べられる「フルーツ大福」ってとてもオシャレですね。

もちろん、餅米、水にもこだわりがあります。「体にいいものを使いたい」という社長の意向で、添加物はほぼ使用しておらず、子どもでも安心して食べられるものを提供しています。そんな思いがあるからこそ、食の安全に気を使っている親御さんからも親しまれて、リピーターが増えているのでしょう。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。