ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【検証】シューアイスはどこが1番おいしいの? コンビニ4社で食べ比べてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!ライターのあおいです。

最近、シュークリームを冷凍庫に入れて、シューアイスのようにヒンヤリおいしく食べるというちょいアレンジが流行っていますよね。

でもせっかくなら一番おいしいシュークリームを食べたい!ということで今回は、コンビニ4社のシュークリームを凍らせて食べ比べてみました!

一番おいしいのはどのコンビニのシューアイスなのでしょうか?

こちらの4社を食べ比べ

今回食べ比べるのは以下の4つです。 セブンイレブン「ミルクたっぷり とろりんシュー」 ローソン「大きなツインシュー 北海道生クリーム使用」 ファミリーマート「口どけなめらか カスタードシュー(卵濃いカスタード)」 サークルKサンクス「とろけるカスタードシュークリーム」

一見するとわかりにくいですが、冷凍庫で1日凍らせたものがこちら。

シュー生地はどれもふわふわのままです。

半分にカットするためナイフをいれると“サクッ”と切れました。

シュークリームらしからぬ感触にそわそわ。

いつもの冷蔵状態ならクリームがやわらかくてこうはいきません。

それでは、以下の項目を5段階評価で食べ比べてみたいと思います! 食感 香り 甘さ コク アイスとしてやっていけそう感

※個人的評価となりますので、あらかじめご了承くださいm(_ _)m

【セブンイレブン】そのままの君がいちばん素敵さ

ひとつめは、セブンイレブンの「ミルクたっぷり とろりんシュー」(税込100円/207kcal)です。

商品名に「ミルクたっぷり」とあるように、クリーム中のミルク(水分量)が多く、凍ると固くシャリシャリとした食感になるようです。好き嫌いが分かれるかも・・・?

冷蔵のまま食べた方が濃厚でおいしいなぁ〜というのが正直な感想でした!

食感:

香り:

甘さ:

コク:

アイスとしてやっていけそう感:

【ローソン】際立つシュー生地の香ばしさ!

2つめは、ローソンの「大きなツインシュー 北海道生クリーム使用」(税込113円/306kcal)。

クリーム部分が生クリームとカスタードの2層に分かれ、サクッとした食感です。

どの商品にも言えるのですが、クリームは凍ると本来の甘みやコクが控えめになります。

他と比べると「大きなツインシュー」は、シュー生地の香ばしさが際立っていました!

食感:

香り:

甘さ:

コク:

アイスとしてやっていけそう感:

【ファミリーマート】シューアイスならこちらがオススメ!

3つめは、ファミリーマートの「口どけなめらか カスタードシュー(卵濃いカスタード)」(税込110円/231kcal)です。

結論から言うと、こちらのシューアイスが一番おいしかったです!

卵推しのカスタードクリームは凍らせてもなめらかな食感で、豊かなバニラ風味も健在でした。

食感:

香り:

甘さ:

コク:

アイスとしてやっていけそう感:

【サークルKサンクス】冷凍するなら卵系がいいみたい

ラストは、サークルKサンクスの「とろけるカスタードシュークリーム」(税込110円/205kcal)。

 

こちらもファミリーマート同様に卵推しのクリームです。ミルク系より卵系クリームの方がしっくりくることを再確認。

ファミマより香りとコクが控えめです。

食感:

香り:

甘さ:

コク:

アイスとしてやっていけそう感:

甘党ならファミマ、サークルK。爽やか系ならセブン、ローソン。

4つを食べ比べてみて、甘みとコクをより多く感じたファミリーマートが1位という結果になりました。サークルKサンクスとも迷いましたが・・・。

「甘さ控えめが好き。ミルクのさっぱり感を楽しみたい。」という方にはセブンイレブンやローソンが合うかもしれません。

ぜひあなたの舌で確かめて、お気に入りを見つけてください♪

セブン-イレブン ミルクたっぷり とろりんシュー

ローソン Uchi Cafe’ SWEETS 大きなツインシュー 袋1個

ファミリーマート BIG 口どけなめらかカスタードシュー

サークルKサンクス Cherie Dolce とろけるカスタードシュークリーム 袋1個

関連記事リンク(外部サイト)

「サラダを食べにデニーズ」もアリ。4種のサラダは国産野菜で美容と健康にもGood
【ミルクたっぷり】キャラメル風味のルイボスティーをプレゼント
銀座コージーコーナーに秋スイーツ第2弾!「カシスとマロンのケーキ」など全6品♪

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP