ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アッシャー、ハリウッド殿堂入りでファンに感謝

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アッシャー、ハリウッド殿堂入りでファンに感謝

 アッシャーが9月7日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに2,588番目の星としてその名が刻まれた。「僕が2,588位になったのは初めてのことだけど、まるでNo.1になった気分さ」と喜びを語っている。

 アッシャーの星型プレートが埋め込まれたのはロサンゼルスのハリウッド大通り6201番地、ハリウッド大通りとヴァイン通りの交差点付近だ。アッシャーはスティーヴィー・ワンダー、ケリー・ローランド、ミゲル、ウィル・アイ・アム、そして映画『Hands of Stone』で共演したエドガー・ラミレスといった友人たちに囲まれながら除幕式を行った。

 熱心なファンたちが午前11時半からのセレモニーに先立ち、6時から列を作り始めていたほか、観衆のなかには音楽業界のエグゼクティブたちの姿もみられた。アッシャーは、「この瞬間を自分一人で祝ったりはしない。僕を支えてくれた人たち、僕が苦しいときにも愛し続けてくれた人たちと一緒に祝うんだ」とコメント。また、母親で最初のマネージャーでもあるジョネッタ・パットンに対し、「ママ、いろいろありがとう。ここに皆を連れてきてくれたことに感謝したい。ママが認め、今の僕になれるようサポートしてくれる人選を正しくしてくれていなかったら、皆ここにはいなかったよ」と話しかける一幕もあった。

 また、スピーチの中でアッシャーは、その場にいて欲しかったというプリンス、マイケル・ジャクソン、ジェームス・ブラウン、ルーサー・ヴァンドロスなどのアイコンたちに向け、「エンターテイナーとしての僕を形成する上で重要な人たちだった」とし、さらにスティーヴィー・ワンダーについては「あなたは愛がカギだということを僕に説き、それが僕の信念となった。人生の教訓を与えてくれてありがとう」と加えた。

 9月16日にニューアルバム『ハード・トゥ・ラヴ(Hard II Love)』の発売を控えているアッシャー。ファンに向けては、「輝くスターがここにあるのは皆のおかげ。機会があればここにきて僕の星を磨く責任があるんだよ。僕は踏まれることになるわけだから、今やそれくらい頼んでもいいよね」と笑いながら話した。

関連記事リンク(外部サイト)

アッシャーのニューアルバム『Hard II Love』、9月16日到着か
映画『Hands of Stone』でボクサー演じるアッシャー、主題歌も手掛ける
アッシャー、アーティストとしての社会的責任について88歳の歌手兼活動家と対談

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。