体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy A7の2017年モデル「SM-A720x」がGFX Benchに登場

Galaxy A シリーズの 2017 年モデルと見られる「SM-A720x」がベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトに現れてきました。Galaxy A シリーズは Galaxy S シリーズに次ぐグレードの製品群で、そこそこのスペックに薄型のメタルボディ、AMOLED を採用したところが特徴となっています。今回の SM-A720x は過去に発売された Galaxy A7 を継承する型番を採用しているので、Galaxy A7 の新モデルと見られます(第三世代)。同サイトによると、SM-A720x は Android 6.0.1、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Cortex-A53 ベースの 1.8GHz オクタコアプロセッサ、2.7GB RAM、24GB ROM、前後に 1,500 万画素カメラを搭載しています。Source : GFX Bench

■関連記事
カジヤミュージック、リラックスや瞑想のための様々な雨音を再現できるAndroidアプリ「Relaxarion Sounds RAIN」をリリース
Android用「ウィルスバスターモバイル」がv8.0にバージョンアップ、LINEの不正URLチェック機能やアプリの脆弱性チェック機能、保護者向けのアプリ起動制限機能などが追加
ソフトバンク、「ギガモンスター」のサービス内容を一部変更してKDDIに合わせる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。