体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“大人”は断り文句を使わずに断れる! コラムニスト・石原壮一郎流「大人の言葉の選び方」とは

生活していく中で“言葉”は必要不可欠なツール。ビジネスシーンにおいても、言葉の選び方ひとつで良し悪しがわかれることは少なくありません。とくに「断る」「頼む」「謝る」など、相手に負の感情を抱かせやすいシチュエーションでは、言葉ひとつで自身の評価や今後の関係性にまで影響を及ぼすことも。しかしそこで適切な言葉を用いることができれば、「仕事のデキる大人」として信頼され、一目置かれる存在にもなり得ます。そのためには、場面ごとにふさわしいフレーズを選択するスキルが必要です。

そこで、コラムニストで『大人の言葉の選び方』の著者でもある石原壮一郎さんに、ビジネスパーソンが身につけておきたい“大人の言葉の選び方”についてお話を伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20160902145446j:plain

コラムニスト。1963年三重県松阪市生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。以来、大人のあり方や素晴らしさをさまざまな媒体で発信し、日本の大人シーンを牽引している。『大人力検定』『大人の女力検定』『日本人の人生相談』など、著書及び監修多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(日本文芸社)。また「伊勢うどん友の会」を立ち上げ、「伊勢うどん大使」「松阪市ブランド大使」としても活動している。

◆言葉の筋トレで身に着ける「大人の言葉」

――ビジネスパーソンに必要な言葉のスキルとはどのようなものでしょうか?

石原壮一郎さん(以下、石原):言葉というのは、選び方次第で互いを幸せにも不幸にもすることができます。普段は無意識のうちに言葉を選んで使っているでしょうけれど、なぜそのフレーズを使うのか、もっとふさわしい言い回しはないかなど、“言葉を大切に使う意識”を心がけることが、一皮むけるための大事なポイント。とくに日本語は「隠しコマンド」みたいなものがたくさんあるので、それらを覚えて表現力を広げていくことも重要です。

とはいえ、難しい言葉をたくさん覚えて、日常会話で「なかんずく」なんて言い出したら変な人だと思われてしまいますよね(笑)。「心を込めれば伝わる」と寡黙を貫くようでも困りますし、相手とほどよい距離感を保ちながらも意図をきちんと伝えられる言葉を選べるスキルが大切なんです。

――「そこまで言わなくても伝わるだろう」というのはついやってしまいがちですね。

石原:「あうんの呼吸」を信じて、言わずとも察してもらえる心地よい関係を求めてしまうことは誰しもあります。でも、正しく伝わらずに不満やもどかしさを募らせれば、気持ちのすれ違いを生んでしまう。言葉を出し惜しみしてもロクなことがないんですよ。

――意図を正しく伝えるにはどうすればいいですか?

石原:適切な言葉を使うためには、身体でいう「筋トレ」のように、言葉にもトレーニングが必要です。ただそれは、ひとりで壁に向かって練習して身につくものではありません。会話の内容に敏感になり、「なぜ自分は今の言葉にムッとしたんだろう」「この言葉で相手が機嫌よくなったのはなぜ」と考えるなど、丁寧に聞いたり話したりすることがいちばんの近道です。

それに、「知らない言葉が天から降って来る」なんてことはありません。言葉に触れる機会を増やして、表現や単語を少しずつ身につけていくことが大切です。会話に限らず、新聞や小説でもいいし、ネットの記事も参考になると思います。

あとは、ストックした「大人の言葉」を実際に使ってみることです。謝る言葉ひとつとってみても、今までは「すみませんでした」としか言えなかったのが「申し訳ありません」「忸怩たる思いです」なんて自然に使えるようになれば、相手の態度も変わってきますよ。

f:id:tany_tanimoto:20160902145531j:plain

◆“いい言葉”を使うことは“いい人生”を送るための第一歩

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。