ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

農家の75才男性 台風上陸時に黙って田んぼを見に行き悲劇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 台風被害がニュースになることが多いこの季節。特に農家にしてみれば、気が気でないだろう。茨城県に住む農家の女性Gさん(70才)もそのひとり。しかし、Gさんが心配なのは、農作物ばかりではなく、夫なのだという。

 * * *
 台風が来るとわかると、うちみたいな農家は大変。昼間のうちから、いろんな物が飛ばされないように、縛ったり、納屋に取り込んだり。ビニールハウスだの、畑だの、それこそ昼ご飯は立って食べるくらい忙しい。

 ところがうちの夫(75才)ときたら、まず手伝わない。茶の間に横になって、「そんなに騒いで、台風が来なかったらどうするんだ」と、そればっかりよ。

 そのくせ、いよいよ強風が吹き始めると、むっくり起き上がって、「田んぼを見て来るわ」と合羽を着て外に出て行こうとする。

 見ていれば必死で止めるけど、この前は夜中に黙って出て行ってしまったんです。案の定、家の敷地を出る前にすべって転んで、「おーい、おーい」。

 台風の夜に高齢者が外出して亡くなるニュースがあるけど、いつうちの夫もそうなるか…。

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
台風19号 「連続する台風は弱くなる」の定説通用しない理由
副業的農家の平均年間所得は792万円、米農家は664万円
スーパー台風 高層ビルの窓ガラス破る可能性があるとの指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP