体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【教えてブラックダイヤモンド! ⑥】「LINEで2回目以降の返信がきません。女子の気を引く日常トークを教えてください」(会社員/32歳/男性)

左から「みるくす」(22歳)、「あゆゆん」(26歳)、「ぽみたん」(25歳)、「はるたむ」(22歳)

Twitter、FacebookにLINE。ケータイやスマホによるSNSコミュニケーションの悩みをちょいと黒めのギャルユニット「ブラックダイヤモンド」が一発解決!

第6回は、LINEのやりとりで、2回目以降の返信がないという、会社員KIさんからの相談。教えてくれるのはメンバーの4人。いずれも、ギャルには必須のコミュニケーション術と恋愛術に長けた選抜メンバーだ。どんな本音が飛び出すことやら・・・・・・。

articleTalkThumbs[‘P’] = ‘img003.png’;
articleTalkThumbs[‘H’] = ‘img001.png’;
articleTalkThumbs[‘A’] = ‘img004.png’;
articleTalkThumbs[‘M’] = ‘img002.png’;

“ファーストLINE”では、なにかしら相手のいいところをほめる

――飲み会で女子とLINEを交換しても、とにかく続かないんですよ。文章が長いとしつこいと思われそうで、最初のLINEは「今日はありがとう」「おつかれさま」みたいな短いのにしてるのがマズイんですかね。

M「飲み会で知り合った直後の2行とかだと、コピペでみんなに送ってるんだろうなと思う。挨拶以外にも自分の気持ち入れるといいんじゃない? 「今日はたくさん飲んで酔っ払っちゃったけど、〇〇ちゃんは顔覚えてるよ! かわいかったし(笑)」とか。冗談っぽいけど悪い気はしない。軽い思わせぶり的な心理戦だよね。」

P「顔がそんなにかわいくなかったら服とか(笑)。なにかしら相手のいいところをほめる。」

M「私の統計上、喋りが下手な人は文章が強くてLINEがマメ。逆に喋れる人はLINEの文章は淡白。」

A「わかる。」

M「上手い人って緩急のバランスがいいよね。長めの文章のときと、スタンプだけの返事を混ぜてきて、いつのまにかこっちが「今回はどんな意味があるんだろう?」って考えちゃう。下手な人はなんかいつもダラダラ長い。一生懸命考えて書いてるんだろうなーとは思うけど、結局ときめかないんだよね。」

質問系はダメ。最初のうちは日常の報告だけでよし

――挨拶LINE以降が続かないんですよ・・・・・・。共通の友達もいないし、どんなトークをすればいいんです?

M「あとは、なんでもいいから続けることが大事。「おはよう」「おやすみ」の関係が築けたら、逆に1日空くと「あれ? 今日は連絡ないな」ってなる。こともある。」

P「起きたら送り合うっていう習慣を付ける。スタンプで返信がなかったら、そもそも縁がないってことで(笑)」

H「いつも質問系のヤツはダメ。返すのがめんどくさくなる。「今日は友達とご飯行ってくるよ」とか「今日はラーメン食べたよ」とか、日常の報告でいいよね。そうやって送ってるうちに、「あ! 私もラーメン好き」「じゃあ、今度いっしょに行こうよ」っていうデートパターンも期待できるし。やりとりを繰り返していくうちに、生活リズムや好きなものも探れるし。」

――「これ食べたよ」的な報告をしても、「知らねえよ」「勝手に食ってろよ」って思われるのが怖いです。

A「別にそれはないっしょ(笑)。食べる前でも食べたあとでも自然なタイミングで送ればいいんじゃない? 「いいなあ、お腹すいた」とか、とにかくご飯ネタは返しやすい。」

H「あとはペットとか動物ネタもかわいい。子供関係も女子が反応しやすいネタだよね。」

P「そこから恋愛に発展することもある。特になんとも思ってなかったけど、やりとりするうちに「意外といい人だなあとか、考え方しっかりしてるなあ」とか、性格も見えてくるし。」

特別講師:ブラックダイヤモンド
2012年に結成し、メディアで大注目の「強め黒ギャル」ユニット。渋谷を拠点に活動し、全国に150名以上のメンバーを擁する。オリジナル楽曲を世界112ヶ国にて配信し、フランスやアメリカでLIVEをするなど、グローバルに活動を展開。彼女達に会える、渋谷の「ガングロカフェ」は人気の観光スポット。そんな彼女達の映画初出演となる作品「黒い暴動」が新宿シネマカリテ他にて上映中!!

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。