体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー解禁

BUCK-TICKが9月28日にリリースするアルバム『アトム 未来派 No.9』の収録楽曲をいち早くチェックできるダイジェスト試聴トレイラーを公開した。
BUCK-TICK (okmusic UP's)
アルバムのレコーディングには横山和俊、Cube Juice、YOW-ROW[GARI]ら、近年のBUCK-TICKサウンドを支えてきたマニピュレーター陣に加え、M-12「愛の葬列」では藤井麻輝(minus(-)、睡蓮)が、さらにM-2「PINOA ICCHIO –踊るアトム-」では上田剛士(AA=)も参加しており、アルバム作品としていっそうの深みを加えている。今回公開されたダイジェストトレーラーには上田剛士がSynthesizer & Breakbetで参加した「PINOA ICCHIO -踊るアトム-」のほか全3曲をいち早く試聴することができ、さらに今後、公式Facebookページでこのトレーラーが1,000シェアを達成したらアルバム収録曲から随時、試聴が開始されるとのこと。

また、20年ぶりにBUCK-TICKの復帰移籍を迎えるビクターエンタテインメントでは「Welcome BUCK-TICKキャンペーン」を実施。ビクターのキャラクター「ニッパー」とBUCK-TICKのコラボ・グッズ販売や、ビクター第1期作品の旧譜キャンペーンなどで新作リリースに花を添える。

10月8日(土)からはニューシングル・アルバムを引っさげた全国ツアー「TOUR アトム 未来派 No.9」がスタート。2017年のデビュー30周年を前に、特大モンスターバンドの覚醒がスタートする!

アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー
https://youtu.be/Fe_k68Cew_8

アルバム『アトム 未来派 No.9』
2016年9月28日(水)発売

【初回限定盤A】(SHM-CD+特典映像Blu-ray)

VIZL-1041/¥5,980+税

【初回限定盤B】(SHM-CD+特典映像DVD)

VIZL-1042/¥5,480+税

【通常盤】(CD)

VICL-64629/¥3,000+税

<収録曲>

1.cum uh sol nu – フラスコの別種 –  

作詞/作曲:今井寿

2.PINOA ICCHIO – 躍るアトム –  

作詞/作曲:今井寿

3.DEVIL’S WINGS

作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿

4.El Dorado

作詞: 櫻井敦司 作曲:星野英彦

5.美 NEO Universe

作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿

6.BOY septem peccata mortalia

作詞:櫻井敦司  作曲:今井寿

7.樹海

作詞:櫻井敦司 作曲:星野英彦

8.THE SEASIDE STORY

作詞/作曲:今井寿

9.FUTURE SONG – 未来が通る –

作詞:今井寿・櫻井敦司 作曲:今井寿

10.曼珠沙華 manjusaka

作詞:櫻井敦司  作曲:星野英彦

11.Cuba Libre

作詞:櫻井敦司  作曲:今井寿

12.愛の葬列

作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿

13.NEW WORLD – beginning –

作詞:櫻井敦司  作曲:今井寿

◎初回限定盤特典 ※初回限定盤A/B共通

(1)豪華スペシャルパッケージ仕様

(2)全48ページ豪華ブックレット

(3)Blu-ray/DVD:先行シングル「New World」MUSIC VIDEO収録

(4)オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)

(5)先行シングル「New World」(9/21発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募ハガキ封入

(6)「New World」 ハイレゾ音源無料ダウンロード・クーポン封入

※SHM-CD/DVD/Blu-rayの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(初回限定盤A/B共通)

「TOUR アトム 未来派 No.9」
10月08日(土) 神奈川:よこすか芸術劇場

10月10日(月・祝)  千葉:市川市文化会館

10月15日(土) 奈良:なら100年会館 大ホール

10月16日(日) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。