体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セコン・ドライフ先生によるマネジメント講座【エンジニア予備校#3】 #engineer_moshi

食わず嫌いになってない!?セコン先生にマネジメントのコツを教わろう!

前回、財夢タメ子先生にサービス開発のイロハを教わったカケルとタエ子。
次なる課題は「マネジメント」!自信がない・大変そう・なんか地味、と敬遠してきた2人に喝を入れるため、塾長が連れてきた最後の先生は…?

エンジニア予備校メンバー紹介

塾長

昔、多くの部下をデスマーチで失ってしまったことから、しっかりとエンジニアの価値を世に伝えるため熱血指導を志す。
 
 
 
 
 
 

高堂カケル(コードカケル)

高専で情報処理を専攻し、都内のソフトウェア会社にインターン中。流行の技術を追うのが大好き。Rebuildにいつか出ることが夢。
 
 
 
 
 
 

二徹タエコ(ニテツタエコ)

大学を卒業し、たまたま受かったIT企業に就職。なんとなくやってきたが、これでよいのか悩んでいる。責任感が強く、残業を任されることが多い入社5年目。
 
 
 
 
 
 

セコン・ドライフ先生

現実世界での活動時間より、VR世界に引きこもって活動する時間が上回ってきた未来派教師。CDは箱買いする派。
 
 
 
 
 
 

良いサービスを作るエンジニアに必要なものって?

今回は、ほぼ新米のペーペーである貴様たちに、マネジメントのなんたるかを教えるありがたい授業だ!
 
 

キョウはミンナを、マネジメントダイスキニンゲンにスルタメにキタ!
 

T3-S1


もはや教師が人じゃねぇ…!
 
 
そういえばキャリア面談で「チームのマネジメントをやってみないか?」と言われたの。今はもっと手を動かしたいし、マネジメントの自信がないから断ってしまったのだけど。
 
 
オレも先輩に「お前はマネジメントコストがかかる」と言われたばかりだ…!
 
 
まぁ、マネジメントというのは、エンジニアがキャリアについて思い悩む最初の分岐点かもしれないね。
 
 

ちゃんと話せるのかい!
 
 
エンジニアのキャリアパスをざっくり3つに分けると、ものすごい技術力や開発力で組織を引っ張る技術突破型。いわゆるスーパーエンジニアだね。そしてシステムやサービスの企画や設計を行いながら開発を主導するプロダクト型。最後が技術組織のリーダーとして、エンジニアをマネジメントする、マネージャー型
 

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。