ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の花粉症 残暑の影響で11月まで長期化する恐れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 花粉症といえば、春のイメージが強いが、実は秋にこそ注意が必要だという。気象予報士の三ヶ尻知子さんは、こう指摘する。

「今年のような猛暑の年の秋は、花粉の飛散量が多くなる可能性があります。しかもこの先、残暑が続けば、飛散は11月頃まで長期化する恐れがあります」

 大和高田市立病院の医師で日本アレルギー学会認定専門医・清益功浩さんによれば、この季節の花粉症の症状は、「くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、症状は春と同じです」とのこと。目がつらい、鼻がつまるといったその不調は、秋の花粉症のせいかもしれないのだ。

 春の花粉症の原因となるのは、スギやヒノキなど樹木の花粉だが、秋の場合は雑草だ。キク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラなどの花粉がやっかいを引き起こす。

 また、春に花粉症になる人にとってもつらい秋になりそう。スギ花粉も秋に悪さをするのだ。

「今年は残暑も厳しいとみられますが、こういう年は、スギ花粉が秋に飛散することがあるのです。これは、暑さのせいでスギの花が開花することが原因です。春まで待てない花粉が飛んでしまうのです」(三ヶ尻さん)

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
今年の花粉飛散、去年の10倍以上の予測も 日本一はいわき市
「花粉症」命名者斎藤さん 今年は新たな発症者増えると予測
花粉症はかつて「マッカーサーの置き土産」と呼ばれていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP