ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビットマイスター、博物館に設置いたビーコンを利用してスマートフォンを通じて展示の説明を提供するアプリ「muBe」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビットマイスターは 9 月 9 日、博物館に設置いたビーコンを利用してスマートフォンを通じて展示の説明を提供する Android アプリ「muBe」をリリースしました。muBe はビーコンに接近すると、展示物の説明を自動的にスマートフォンで受信し、閲覧できるようにするアプリです。アプリには展示物のテキスト説明のほか、音声による説明も提供しています。アプリはまず、東京・上野にある国立科学博物館の地球館 2 階と 3 階、地下 1 階で利用できます。muBe ではエンドユーザー向けの展示物の説明を提供するだけではなく、施設の運営者向けに施設を訪れる人の展示物への動線や滞在時間を可視化する機能も提供しています。「muBe」(Google Play ストア)

■関連記事
Amazon.co.jp、新型Fire HD 8タブレットを国内向けに発表、9月21日に発売、Prime会員は4,000円OFF
Google、Nexus 6P向けAndroid 7.0(NRD90U)のファクトリーイメージとOTAファイルを公開
TwitterのDM機能がグレードアップ。既読表示、入力インジケーター、WEB リンクのプレビュー表示が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。