ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マシュマロ肌になれる! コラーゲンを増やす食べ物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性なら誰もが憧れるマシュマロ肌はコラーゲンからできています。コラーゲンにはお肌を守る役割もあるので、コラーゲンが減ってしまったらお肌はボロボロで、どんどんシワが増えてしまうでしょう。シワを防いでマシュマロ肌を保ちたいなら、せっせとコラーゲンを作らなきゃ。ここではコラーゲンの生成を助ける栄養素と食べ物をご紹介します。

コラーゲンは体内で作られる!

プルプルのもとコラーゲンは体内で生成されています。その材料になるのはタンパク質。タンパク質がアミノ酸に分解され、それを材料にコラーゲンが生成されます。コラーゲン入りの美容ドリンクをせっせと飲んでも、それがそのままお肌のコラーゲンになるわけではなく、体内で一度アミノ酸に分解されるのです。プルプルの美肌を作るならコラーゲンの材料になる良質のたんぱく質をしっかり摂る必要があります。

コラーゲンの生成を助ける栄養素は? 何を食べればいいの?

アミノ酸からコラーゲンが生成される時、それを助ける栄養素があります。タンパク質+それらの成分をしっかり摂れば、速やかにコラーゲンが生成されてマシュマロ肌を作ることができます。

□大豆やゴマに含まれるイソフラボンが効果的

女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。女性ホルモンの分泌は30代をピークに減少しますが、エストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを取ることで、コラーゲンの生成を促すことができます。大豆だけでなく、豆腐や豆乳などの大豆製品でも効果は同じです。また、ゴマに含まれるリグナンも体内でコラーゲンの生成を助けます。

□オメガ3脂肪酸を含む青魚、ナッツ類

オメガ3脂肪酸にも体内でコラーゲンの生成を促進する働きがあります。サンマやサバ、イワシなどの青魚がオメガ3脂肪酸を多く含む食品です。また、アーモンドやクルミ、ピーナッツなどのナッツ類にもオメガ3脂肪酸は多く含まれています。青魚もナッツ類もコラーゲンの材料となるタンパク質も豊富ですし、ナッツ類に含まれる植物性たんぱく質はイソフラボンの働きを助けます。

□体内でコラーゲンを生成するにはビタミンCが必要

体内でコラーゲンを生成するためにはビタミンCが欠かせません。ビタミンCが多く含まれるかんきつ類などをタンパク質と一緒に食べると効果的です。パプリカやパセリ、芽キャベツはビタミンCを多く含む食品です。野菜やフルーツをたくさん食べましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP