ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケットラジオを改造してアンテナを大きくする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポケットラジオは小型で持ち運びに便利な半面、アンテナも小型化しなければならないために音声にノイズが入りがちです。そこで、ポケットラジオを改造してアンテナを大きくしてみました。イヤホン使用前提のポケットラジオは、イヤホン端子がそのままアンテナ端子にもなっています。

ポケットラジオに大型バーアンテナ

スピーカーレスのイヤホンアンテナ式AM/FMポケットラジオが、ヤザワコーポレーションの「RD12BK」です。受信周波数はAMラジオ放送が522~1620kHz、FMラジオ放送が76.0~108.0MHzとなっています。

このポケットラジオのサイズは40W×80H×16Dmmで、重さは31g。電源は単4形乾電池×2本となっています。実勢価格は1,350円です。このポケットラジオのアンテナを大きくして、クリアな音声を楽しみましょう。

まずAMラジオ用の35mmの内蔵バーアンテナは取り出してしまい、50mmに大型化してしまいました。ただし、内蔵できないので外部に装着して改造したことをアピールします。

ポケットラジオにワイヤーアンテナ

ポケットラジオのFMラジオ用アンテナは、イヤホンが兼ねているケースがあります。すなわち、イヤホン端子はアンテナ端子でもあるわけです。そこで、イヤホンコードは基板に直付けして、ボディ側面から出すことにしました。

そして、上面にあるイヤホン端子をワイヤーアンテナ専用端子に変更。外ではイヤホンアンテナ、室内ではイヤホン端子にワイヤーアンテナを挿して使うというわけです。

実際に、アンテナ端子にワイヤーアンテナを装着してみると、室内受信では音声が明瞭になりました。かかった費用はバーアンテナが195円、3.5mmモノラルジャックが80円、リード線(2m)が60円ほどです。

関連記事リンク(外部サイト)

ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP