体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味』もちもちの麺と歯ごたえ抜群の野菜が入った「味覇」味のタンメン!

CR7_3617

ラーメンだけでなく、チャーハンや餃子など、中華料理のほとんどのメニューに使われている調味料「味覇」。強烈な赤い缶をスーパーで見かけた人も多いのではないだろうか。以前おためし新商品ナビでも、中華調味料3種を比較紹介したが、中華調味料の代表とも言える、この廣記商行「味覇(ウェイパァー)」と日本発祥のタンメンのコラボレーションが初めて実現し、『廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味』がエースコックから発売された!

あっさりした塩味に鶏がらスープのコクがきいて、飽きずに食べられる!

タンメンとは、横浜発祥と言われていて、中華麺と炒めた肉野菜を使用した鶏がらスープの麺料理。関東では中華料理屋で当たり前にメニューに並んでいるのだが、西日本の中華料理屋ではあまりポピュラーではないのだとか。

 

中華料理のほとんどのメニューの隠し味に使われる、コクのある香ばしさを生み出す「味覇」を、廣記商行監修の下、タンメンにプラスして、本格中華料理の味わいを再現したのだそう。それでは実際に『廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味』(109gうちめん78g・希望小売価格 税抜200円・2016年8月22日発売) を食べてみることにしよう。

 CR7_3625

「味覇」の赤い缶を模したようなパッケージが印象的。

 CR7_3639

いつも通り、かやく入り粉末スープと液体スープをカップからとりあえず取り出す。

 CR7_3647

液体スープは後入れなので横に置き、粉末スープを入れて、お湯を注ぎ待つこと3分。

 CR7_3654
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会