ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ムチャぶりされたときの対処法は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の22時からの番組「AVALON」(水曜担当ナビゲーター:満島真之介)。9月7日(水)のオンエアでは、満島が現在、映画『花筐(はなかたみ)』の撮影中のため、撮影場所である佐賀県唐津市からお届けしました。いつもよりテンション高め、冒頭から噛みまくりの満島代表とセリナ秘書でしたが、果たして番組はどのように進行したのでしょうか?

今回与えられたテーマは「ムチャぶりの対処法を探れ!」。会社、部活など特に目上の人と接する機会が多い人は、ムチャぶりをされることもけっこうあるのではないでしょうか。ノッた方がいいのか、それとも…。対処法があればぜひ知りたいですよね。

せっかく佐賀県に来ているということで、ゲストには唐津市を中心にいくつものレギュラー番組を持つシンガーソングライター、はちみつボイス☆知展さんが遊びに来てくれました! “はちみつボイス”というお名前なのですが、スタジオに登場すると「全然はちみつボイスじゃないじゃん!」とツッコむ満島(笑)。

続けて満島は「シンガーソングライターのはちみつさん! 唐津のよかとこを即興で30秒くらいの歌にしてもらっていいですか?」とムチャぶり。これに対して「ムチャぶりには答えんといかんでしょ」と気前よくノッてくれたはちみつさんでしたが、その歌詞の内容は“唐津はいいところ。特に呼子のイカ”という、満島でも作れそうなものでした(笑)。まぁムチャぶりですし、答えていただけただけでも十分ですよね!

そんなはちみつさんも、これまでにかなりのムチャぶりされた経験をお持ちのようです。

「ラジオにライブの告知をするために出演させてもらったのですが、パーソナリティのお二人に『外を一周走ってこないと告知させない』と言われて…走りましたね」(はちみつさん)。

この時、階段で降りて、本当に走り、息を切らせて戻ってくると、「よくがんばったね」と冷めた感じで言われたそうですが、これに対し満島は「こういう人がムチャぶりをしちゃいけないんですよ! 俺だったら、はちみつさんが走って入ってきたら『わー!ハチが入ってきたー! 刺されるー!』ってやりますよ!」。確かにやらせるなら、そのフォローもしっかりしてもらわないと困ります。

そんなムチャぶりを数々受けてきた歴史があるはちみつさんに、ムチャぶりの対処法をお聞きしてみました。

「とりあえず一瞬だけでもノッてやってみる! 少しやるだけで納得してくれる人が多いです。何もやらないより全然いいですよ」

やったことが「ウケる」「ウケない」はさておき、とりあえずやって相手を納得させることが、その場をすぐに終わらせるコツのようです。

最後に今回のテーマについて、「ムチャぶりするなら、ムチャぶりした後の対処もちゃんと考えてムチャぶりする!」と締めくくった満島。この言葉が、ムチャぶりモンスターたちに響くことを願いましょう!!

【関連サイト】

「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP