体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

溜め込まないのは「流れる身体」。デトックス力を高める生活のコツ4つ

生活・趣味

デトックス力を高める、生活のコツ4つ
老廃物や疲労物質、余分な水分はスムーズに流したいですよね。余分なものを溜め込まない“デトック力”の高い体質に整えるためには、余分なものを出してくれる「汗」、「呼気」、「体液」、「尿」、「排便」の流れをスムーズにすることが大切。次の4つのコツで、流れる身体に整えましょう。

1:トイレを我慢しない

人前で過ごすことが多い人ほど、尿意や便意、おならを我慢してしまいがち。我慢するということは、体内にとどめてしまうということ。「出したいな」と体内からのサインを感じたら、我慢せずにしっかり排出することが大切です。

トイレを我慢するイメージ

2:水分をしっかり補給する

汗や尿と一緒に不要なものを排出するためにも、体内のめぐりをよくするためにも、水分が必要。1日1.5〜2ℓの水分摂取が必要と言われています。食前や食後は胃液を薄めて消化・吸収のはたらきを弱めてしまいますから、起床後や食事と食事の間に、こまめに水分を補給するようにしましょう。

お茶やコーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物には利尿作用があり、水分補給には向きません。常温の水や白湯がおすすめです。

水を飲むイメージ

3:大きく呼吸をする

呼吸が浅いと、体内に十分な酸素が行き渡りません。すると代謝が低下して疲れやすく、太りやすくなってしまいます。

気づいたときに、深呼吸。お腹の筋肉をしっかり使って腹式呼吸を行うと、ウエストラインの引き締め効果も期待できますよ。

深呼吸するイメージ

4:ゆっくり入浴する

1日の終わりには、リラックスして入浴する時間を。普段適温に調節された室内で過ごす人ほど、汗をかく機会が非常に少なくなっています。ゆったり湯船に浸かって、じんわりと汗をかく習慣をつくることで、汗を発散することができるだけでなく、どんよりと疲れた心を癒す効果(ストレス解消効果)も期待できます。

入浴するイメージ
どんなにデトックス力を高める食材を食べたり、マッサージをしたりしても、めぐりが良くなければ排出されません。ぜひ、4つのポイントを押さえてデトックス力の高い、流れる身体を実現してくださいね。

1 2次のページ
生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会