ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「嫌味に敏感」は一周まわっていい兆し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「仕事に生きる女って感じで、かっこいいね」「ひとりで行動できる勇気がうらやましい」。

女友だちからのこの言葉に、もし嫌な気持ちになったなら、自分と向き合うチャンスかも。

嫌味に聞こえる原因は自分?

多くの人は「ほめられちゃった」とうれしくなると思います。でも、なかには「結婚できないことをバカにしてる?」とらえる女性もいると思います。

「結婚したいと思っているけど、できない。どうすればいいのかわからない」

「せっかくの週末、デートしたいけれど、ごはんを誘える相手がいない」

そんな無意識のうちに抱えてしまった葛藤が、勝手に言葉を嫌味ととらえてしまうのです。

嫌味を感じたときこそ自分と向き合うチャンス

でも、「バカにされた」と感じてしまうのは、相手ではなく自分の中に不安や悩みがあるから。相手に敵意を向けるのではなく、自分自身と向き合うチャンスだと思いましょう。

心のどこかでひとりでいることを、さみしいと思ったり、恥ずかしいと思っていたら、とにかく夢中になれることを見つけるといいかも。

没頭するほど好きなことをしているときは、きっと「誰にも邪魔されずに楽しみたい!」と思うはず。そう、結局はひとりなんです。つまり、結婚していてもいなくても同じってこと。

「ひとりで何でもできてうらやましい」

今度こう言われたときは、自信をもってその言葉を受けとれるようになっています。

写真/Visualhunt

■ あわせて読みたい

野心家? デリケート? あなたが知らないもうひとりの自分 #深層心理
つい魔が差しちゃって…。あなたが誘惑に負けやすい瞬間をチェック #深層心理
男子は「ダイエットしすぎ女子」が正直しんどい #男子の本音
男子は「帽子をかぶりっぱなしの女子」が正直しんどい #男子の本音
秋の恋ってどんな恋? 気になる #心理テストまとめ
男性の「恋人のハードル高いでしょ?」にドキドキさせる回答
男子は「おならを気にしすぎる女子」が正直しんどい #男子の本音

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP