ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「晩夏」は一年に一度の休息期。バランスを整えやすいこの時期に食べるお野菜とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は陰陽五行からみた「晩夏」についてお話しいたします。

「晩夏」は陰陽バランスが整っている

マクロビオティックでの陰陽五行説では、9月頃の「晩夏」は、安定のエネルギーが地球上に働く季節と言われています。ですから、その時期に採れるお野菜も、陰陽バランスが整った優れたお野菜。それは形から見てもよくわかります。

みなさんは「球形のお野菜」と聞いて、何を思い浮かべますか?玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、かぶ、などなど。丸い形をしているお野菜は、土からのエネルギーと、天から(太陽)のエネルギーを上からと下から受け、ちょうどいいバランス配合で育っていて、地の上に這うように育っています。


その他のお野菜は、土よりも上に育つ葉物野菜や、枝に実るお野菜や果物。もしくは、根菜類と言って土の中に育つお野菜ですね。

晩夏の時期は、まだまだ残暑が続き、ついつい冷たい食べ物や飲み物を摂取しがちです。ですが、カラダはもう秋の準備をしなければなりません。

そういったときに、球形のお野菜を食べるようにすると、体温調整も、精神的バランスとしての安定感も整い、非常に過ごしやすい晩夏を過ごすことができます。

晩夏は休息の時期

晩夏は1日のリズムに例えると、午後昼下がりの時間帯と一緒です。15時くらいの時間、みなさんはホッとしたくありませんか?朝からお昼にかけて仕事や家事で動き回り、頭を使ったりして、休息したくなる時間帯なはずです。

カラダがそのように求めるのは、時間の流れ、いわゆる1日の太陽のリズムから見ても、地球上に安定のエネルギーが降りてくる時間。晩夏はまさにその時期です。

夏の賑やかで開放感あふれる時間を過ごし、晩夏になって落ち着きたくなり、すっと脱力したくなる季節。そんなリズムにあわせて、体も食べ物で整えて、ゆっくり今後のプランを練るのも良いでしょう。

旬の甘いお野菜で脱お菓子

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期だからこそ、旬のお野菜を先駆けて摂取するように心がけてみてくださいね。この時期のお野菜は、苦くも辛くもなく、甘いお野菜が多いのです。味わっていただくとほっこりしてきますし、いつの間にか甘いお菓子なども要らなくなってきます。

どうしても甘いものがやめられない方は、積極的に食べるといいでしょう。無駄がなくなり、ダイエット効果にも抜群ですよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

秋のブラウンメイクに!プチプラなのに優秀なアイシャドウ5選
夏の終わりのしぼみ肌に喝!肌のハリ・弾力を蘇らせる方法とは?
優しくナデナデするだけ♡カラダも喜び、むくみ解消!美脚!リフトアップも!
あなたの恋を盛り上げる!フェロモンアップできちゃう食材4つ
ダイエットを成功させるのはどっち?使い分けたいストレッチ法2つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP