ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィズキャブ、タクシーを活用した相乗りマッチングサービス「WithCab」を9月16日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウィズキャブは 9 月 8 日、タクシーを活用した相乗りマッチングサービス「WithCab」を 9 月 16 日に開始すると発表しました。WithCab はスマートフォンのアプリを使ってタクシーを相乗りする相手を探すサービス。終電を逃した場合やタクシー代を安く済ませたい場合などに近くに居る同じ方向に向かおうとしている人を簡単に探せます。このようなサービスは「ライドシェアサービス」とも呼ばれています、WithCab の場合、タクシーの使用が推奨されているのでタクシー並みのサービスレベルが期待できます。実際の操作内容は、アプリで乗車場所と目的地を設定して相乗り相手を探します。時間内に 2 名以上が集まるとマッチング成功となり、事前に設定した乗車場所で相乗り相手を待ち合わせてタクシーを呼びます。WithCab は Facebook ログインを利用しているので基本的には実名でやり取りします。また、アプリには、相乗り相手を選ぶ機能、相乗りしなかった場合との価格差を表示する機能、さらに、相乗り相手とチャットや通話する機能も備わっているのでスムーズに待ち合わせできます。WithCab はまず、東京の港区と渋谷区で 9 月 16 日に開始されます。エリア展開も計画されていますが、その詳細は明らかにされていません。Source : WithCab

■関連記事
ANAの公式AndroidアプリがAndroid 7.0 Nougatをサポート
U-mobile、大容量25GBプラン「U-mobile MAX 25GB」を10月に提供、専用の格安通話アプリも配信
MeizuのExynos 8890端末は「Meizu Pro 6s」として発売か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP