体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1300年の歴史ある湯河原温泉で見つけたB級グルメ「担々やきそば」。温泉感ゼロだけどとにかくウマい

f:id:Meshi2_Writer:20160611185430j:plain

近年、地域独自のメシ「B級グルメ」が大ブームです。まちごとに郷土料理をアレンジしたり、特産品を活用したり、様々なメシがあります。

今回私が訪れたのは歴史ある温泉地で有名な「湯河原」。ここ湯河原では「担々やきそば」というご当地B級グルメを推しています。「担々って……中国の料理じゃないのか……?」。その疑問は、今回の取材で明らかになりました。

東京駅から1時間。手軽にアクセスできる湯河原温泉

f:id:Meshi2_Writer:20160611185547j:plain

湯河原温泉は神奈川県の西端にある温泉地。温泉街のある「湯河原駅」は、東京駅から東海道新幹線「こだま」を使えば1時間ちょっとでたどり着くことができる、都心から非常にアクセスのよい場所です。

駅前には大きなロータリーがあり、その周辺にはいくつもの土産物店が並んでいます。店内をのぞいてみると、並んでいるのは海の幸ばかり。今のところ、まったく担々していません。

f:id:Meshi2_Writer:20160611185617j:plain

駅でバスに乗り、10分程で温泉地の中心部に到着します。今回の取材先である湯河原観光会館は「落合橋」停留所で下車するとすぐ目の前にあります。

f:id:Meshi2_Writer:20160611185700j:plain

この一帯は、藤木川に沿って旅館やホテルが立ち並んでいます。都心から電車とバスに乗って約1時間15分程度で昔ながらの風景を遺す温泉地に行ける……。このような温泉地はどんどん姿を消しており、とても貴重な「文化」と言っていいと思います。

足湯のテーマパークであったまる

f:id:Meshi2_Writer:20160611185757j:plain

観光会館があるのは「万葉公園」という公園の敷地内。ここには日本最大級の足湯のテーマパーク、「独歩の湯」があるということで、メシをいただく前に行ってみたいと思います。

昔、歴史の授業で習った「万葉集」には温泉の湧き出る様子をうたった歌が一つだけ出てきます。その温泉地が、まさにこの湯河原温泉で、「万葉公園」の名前の由来になったのだそう。

f:id:Meshi2_Writer:20160611185814j:plain

その歌は入口近くに石碑として残されています。

【歌】

「足柄の 土肥の河内に 出ずる湯の 世にもたよらに 子ろが言わなくに」

【現代語訳】

『足柄の土肥の川辺に噴出する温泉の湯煙、それが中空に漂い揺らぐように、あの娘は私との関係を不安げには言わなかったのに心配で……』

温泉の湯けむりが揺らぐ様子を自身の恋心に例えているのだそうです。1300年前でも草食系男子がいたのかと思うと、どこかほっこりしてきます。

f:id:Meshi2_Writer:20160611185937j:plain

川のせせらぎと木々のざわめきを聞きながら歩いていると、いくつもの立札が並ぶ道が続きます。

この立札には湯河原を愛した文人たちの歌や俳句が書かれており、浮かぶ情景が想像力を湧きたてます。

f:id:Meshi2_Writer:20160611190021j:plain

作家、国木田独歩も湯河原温泉を愛した文人の一人です。万葉公園最深部にたどりつくと、独歩の碑が佇んでいます。その碑のすぐ奥、足湯のテーマパーク「独歩の湯」に到着です。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。