ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

混雑回避!アフター6で楽しむ!東京ディズニーランド(R)の攻略法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

老若男女問わず大人気の東京ディズニーリゾート(R)。やはり人気なだけあって、週末は特に沢山の人で賑わっていますよね。

そこで今回は、混雑を回避できる、平日限定のお得な「アフター6」を利用した「ディズニーランド(R)」の攻略法を伝授します。

教えてくれるのは、編集部イチのディズニー好き・高崎!

夜しか味わえない、昼間とは違ったパークの楽しみ方や、限られた時間でより効率的に回るための方法、いちおしのモデルスケジュール等をお届け!ぜひチェックしてみてください。

編集部・高崎。プライベートで最低でも年間平均8回はディズニーリゾート(R)を訪れている。

アフター6がおすすめの理由って?

平日だからこそできる、混雑回避!

平日は週末に比べると人の出入りが比較的少なく、また日が暮れるにつれて徐々に空いてくる傾向があるので、アフター6を利用した楽しみ方が賢い選択のひとつ!中でも水曜・木曜は空いていることが多いので狙い目です。

仕事帰りでもいけちゃう!

仕事をサクっと切り上げて、ディズニーリゾート(R)へ!なんて、ちょっと贅沢な気もしますが、たまにはいいですよね。半日、夢の国でリフレッシュすれば、翌日の仕事はいつもの200倍頑張れそう!

昼間は味わえない!夜だけの楽しみ方が!

夜のパーク内では、プロジェクションマッピングやライトアップ、花火の打ち上げなど、昼間とは一味違った演出を楽しむことができます。

夜ならではのライトアップや演出が魅力の「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」

ディズニーの魅力がつまったシアタータイプのアトラクション「ミッキーのフィルハーマジック」。夜は外観もライトアップされてより幻想的な雰囲気に

夏~秋の夜は涼しく快適!

晩夏から早秋にかけての今の季節は、暑くもなく、寒くもない、夜の気温が心地よく、屋外が過ごしやすくなるので特におすすめです!

時間&情報の使い方がカギ!

パレードの時間をHPで確認しよう

パレードやショーの実施時間は時期により異なりますが、すべて公式HPでチェックできるので、必ず事前に確認しておきましょう。

休止施設をHPで確認しよう

パレードやショーと同じく、休止施設も公式HPに掲載されているので、その日運休しているアトラクションを事前に確認しておき、「訪れてみたらやってなかった…!」という無駄を省きましょう。

公式アプリをダウンロードしよう

ディズニーリゾート(R)を訪れた際に使える便利なアプリは沢山ありますが、中でも「ショー抽選アプリ」と「アトラクション待ち時間」の活用はマスト!待ち時間がリアルタイムに更新され、ファストパスの発券状況や、休止施設の状況もわかるので、ぜひ事前にダウンロードしておきましょう!

移動ルートを考えておこう

優先したいアトラクション、ショー、パレードを決め、マップをチェックしながら、大体のまわり方を頭の中でイメージしておきましょう。

参考の1つとして、次のページで紹介するモデルスケジュールもぜひチェックしてみてください。

東京ディズニーランド(R)の全体マップ

おすすめのモデルルートはこちら!

18:00 ショーの抽選に参加!

パークに到着したら、まず「ワンス・アポン・ア・タイム」のショーの抽選権に参加しましょう。

抽選場所はトゥモローランド・ホールですが、「ショー抽選アプリ」をダウンロードしておけば、抽選所に行かなくても抽選に参加できるので、時間効率化ができます♪

その場で当選結果がわかるので、結果を基に計画を立てましょう。

18:10 好きなアトラクションを楽しむ

どのアトラクションを楽しむかを決める際に活用したいのが「アトラクション待ち時間」。

乗りたいものの混雑具合を確認して、優先順位を決めましょう。

おすすめは、2016年2月より人気映画シリーズ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のシーンが追加された「スター・ツアーズ」。この時間帯なら、うまくいけば待ち時間も含めて1時間以内で楽しめるので、パレードにも間に合いそう。

※9月のパレードは19時30分~開催予定。

映画『スター・ウォーズ・シリーズ』を元にしたアトラクションが楽しめる「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」

19:30 パレードを観賞

東京ディズニーランド(R)の夜のパレードといえば「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」。光と音楽に包まれて、ディズニーの人気キャラクター達が豪華なパレードを繰り広げます。

映画『アラジン』や『トイ・ストーリー』シリーズのキャラクターなども登場し、色とりどりのフロートがファンタジックにパークの夜を彩ります。

観賞場所としては、もちろんどこで見ても楽しめるのですが、動きやすさを考えると、「ホーンテッドマンション」付近がおすすめです。パレードをある程度楽しんだら、次の場所へ移動しましょう。

※パレードの開始時刻は、時期により異なるので、事前に公式HPで確認しておきましょう。

2016年8月にリニューアルされ、更にパワーアップした「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」

20:00 グルメを満喫

パレード観賞を楽しんだら、そろそろお腹が空いてくる頃。

レストランでゆっくりと食事を楽しむのもいいですが、時間を短縮したいときには、テイクアウトのグルメを購入して移動や待ち時間で食べるのがGOOD。

たとえば、こちらのテイクアウトグルメがおすすめです。

「キャプテンフックス・ギャレー」の「シーフードピザ(460円)」シーフードピザ

「キャプテンフックス・ギャレー」のすぐ近く「チャックワゴン」で販売される「スモークターキーレッグ(700円)」

「スター・ツアーズ」の近く「ライトバイト・サテライト」でゲットできる「ミッキーチュロス(ストロベリー)310 円」

20:50 ショーを観賞

最初に抽選権を引いたショーに当選したら、観賞用の座席で「ワンス・アポン・ア・タイム」をじっくり満喫しましょう。

プロジェクションマッピングを利用したこちらのショーでは、夜のシンデレラ城が巨大な絵本となる幻想的な世界に浸ることができます。

ディズニー映画の名シーンや名曲が次々と流れ、まるで異世界に迷い込んだような感動の20分間が体験できます。

シンデレラ城のライトアップの様子。ここで、息をのむほど美しいショーが繰り広げられる

当選しなかった場合も、周辺からシンデレラ城を眺めることができるので、ぜひ遠くからでも眺めてみてください。

21:10 好きなアトラクションを楽しむ

残り時間もあとわずか。後悔のないよう、最後に思う存分アトラクションを満喫しましょう。

ワンス・アポン・ア・タイムを観終わってパークを出る人も多いので、この時間帯はねらい目。

お目当ての人気アトラクションを体験するチャンスも大きくなります。

やっぱり最後にのっておきたいのが「ビッグサンダー・マウンテン」。

夜のパークの美しい景色を見ながら絶叫すれば、ストレスも吹き飛びます。

人気の絶叫系アトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」。スリルを味わいたければ、一番後ろの右側座席がおすすめ

21:50 気になるグッズを購入

最後は出入り口付近にあるワールドバザールの「グランドエンポーリアム」でお買い物。

アイテムの品揃いが豊富なため、ほしかったグッズ等はほぼ全てこちらで揃えることができます。

22:00 ディズニーホテルへ出発

折角ディズニーリゾートを訪れたなら、夜はディズニーホテルに泊まるのがおすすめ。

朝までたっぷりディズニーの世界に浸れば、仕事の疲れも取れて、翌日から更に頑張れそう。

グッズを買いすぎてしまった…!というときには、荷物やお土産のデリバリーサービスもあるので、ぜひ利用しましょう。

国内で4番目となるディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル(R)」

まとめ

以上、東京ディズニーランド(R)のアフター6を利用した楽しみ方をお届けしました!

ぜひ参考にお出かけしてみてはいかがでしょう。

※ショーやパレードの実施時間等は時期により変動します。また、「アフター6」は2016年10月より日付指定券限定入園日があるのでご注意ください。

詳細につきましては「東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト」をご確認ください。

http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html 東京ディズニーリゾート(R)

問合せ先/東京ディズニーリゾートインフォメーションセンター

TEL/0570-00-8632(9時~19時)

料金/アフター6パスポート4200円(全年齢)、1デーパスポート大人(18歳以上)7400円、中人(12歳~17歳)6400円、小人(4歳~11歳)4800円、シニアパスポート(60歳以上) 6700円)他

「東京ディズニーリゾート」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。

(C)Disney

関連記事リンク(外部サイト)

女性の「大好き!」満載の広島へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!
女性の「大好き!」満載の岡山へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ19選!
紅葉の季節に出かけたい♪秋の行楽イベント【関東・東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP