ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

茨城県がやっている動画配信サイトがカオスな件

DATE:
  • ガジェット通信を≫


関東にある茨城県、民間調査会社ブランド総合研究所による「都道府県魅力度ランキング」において、なんと3年連続最下位となっている。この調査は2009年より開始されたが、茨城県は2012年を除き全て最下位を記録している。その茨城県が、県の魅力を伝えるために「いばキラTV」なるネット動画サイトを展開しているのだが、今年に入りどんどんカオスと化しているので紹介したい。
まずはこちらの動画を見ていただこう。
 https://www.ibakira.tv/movies/view/100116うな時計・・・?うな丼が茨城県のソウルフードだということだが、うな時計?なぜ時計を作ろうという発想に至ったのだろうか。
続いてはこちらだ。https://www.ibakira.tv/movies/view/100109ねばーる君ががん検診。しかもかなり真面目な映像となっており、逆にシュールさが際立っている。
至って真面目な動画もある。https://www.ibakira.tv/movies/view/100154そう、まだ記憶に新しい甲子園でベスト8に進出した常総学園の紹介動画だ。こちらはいたって地方自治体らしい作りだが、上で紹介した動画と何の区別もなく配置されている。
極めつけはこちらだ。https://www.ibakira.tv/movies/view/100186牛久沼にUMAが?筆者も聞いたことがなかったが、本当に存在するのだろうか?動画の中では発見されたとのことだが・・・詳細は一度ご覧いただきたい・・・
いばキラTVを指揮している茨城県の広報の方へインタビューをしてみた。※茨城県広報監 取手新吾氏
Q.なぜ、このようなシュールな動画を作ろうと思ったのでしょうか?A.行政が作るPR動画はつまらないことが多いですよね。あれやこれやをてんこ盛りにして、お固いトーンで作られたり、古めかしい手法で作られたものばかりになっています。一方、ネット動画をみてもらうためには、何か1つ尖った視聴者を惹きつける要素が必要で、「いばキラ都市伝説TV」では、あえて行政が都市伝説を扱うことによるギャップをフックとして動画を視聴して頂き、動画の中に少しづつ埋め込まれている茨城の良い所に気づいて欲しいと考えています。

Q.この動画をどんな方に見てもらいたいですか?A.うわさ話が好きな方や、昔でいうところの川口浩探検隊(1978年~8年間放映)のような番組が好きだった層に是非見て頂きたいです。見て頂いた方々には、茨城って面白いとか、茨城行ってみたいと少しでも感じて頂ければ幸いです。

Q.過去の動画を含めて、オススメの動画を教えてください。A.過去9,000本を超える動画をYouTubeで公開しているため、沢山のオススメがありますが、今回はあえて行政っぽくない動画を絞って紹介すると、以下のようなものが代表策になります。
今では超有名になったねば~る君ですが、いばキラTVでいち早く取り上げ映像化しました。
 【茨城県非公認】 の烙印を押された ゆるキャラ 「ねば~る君 の挫折」 / 四コマ動画 【:い:茨城県非公認ゆるキャラ ねば~る君/イバダス 四コマで学べる用語辞典】

あまりにキャラが立っていたため「ねば~る君が行く」として番組化。 今年度からは「ねば~る君の」と一緒に新しい方向性を模索していまして、県がPRしたいことをねば~る君に伝えてもらう番組も作り始めました。
 【ねば~る君のカラダに何が!?】ねば~る君うめねばちゃんのがん検診を受けるネバ~!https://www.ibakira.tv/movies/view/100109
昨年からの人気番組はフードファイターの桝渕祥与さんを起用した「いばらきペロリ」。茨城県内のデカ盛り料理を元ミス鎌倉にもなったことがある桝渕祥与さんが食いまくります。https://www.ibakira.tv/movies/view/100153
また今年度からはYouTuberの起用も行っていまして、水戸でHIKAKINを呼んだイベントを開催したりとかなり斬新なことにも挑戦し続けています。https://www.ibakira.tv/movies/view/100073
とのこと。今後もいばキラTVから目が離せない。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
昔の香港にタイムトリップできる「スタバ」テーマカフェ
チェコのスタバがかわいすぎる「ハリー・ポッター」の世界!
イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。