ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

監視カメラアプリを使って無料の防犯システム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

監視カメラアプリと型落ちスマホがあれば、防犯システムは無料で構築できます。型落ちスマホの電話契約が切れていても、設置場所に無線LANがあればインターネット経由で監視カメラの映像が見られるというわけです。iOSとAndroid両OSに対応した監視カメラアプリを紹介しましょう。

監視カメラアプリで防犯対策

自宅の防犯対策に監視カメラを導入したいけど、お金がかかる…と躊躇している人も多いでしょう。予算がネックだったら、監視カメラアプリと使わなくなったスマホで防犯システムを構築してしまいましょう。

監視カメラアプリを利用して、古くなって使わなくなったスマホを防犯カメラとして設置。現在使用しているスマホにも監視カメラアプリをインストールすると、その映像がモニターできるというわけです。

このように、型落ちスマホと監視カメラアプリを使えば無料で防犯対策ができます。設置場所にWi-Fi(無線LAN)があればOK。大容量のモバイルバッテリーで給電すれば場所を選びません。

おすすめの監視カメラアプリ

スマホは専用の防犯カメラよりも周囲に溶け込みやすく、ターゲットに気づかれにくいのもポイントです。上から見下ろせる、本棚や冷蔵庫の上へ設置しましょう。照明の影なども盲点でしょう。

なかでも、おすすめの監視カメラアプリが「Alfred Camera」。もちろん無料アプリです。2台のスマホをインターネットで接続。同一のGoogleアカウントでログインすれば、どれだけ離れていても監視ができます。

片方のスマホで電源が減ると警告する機能も。また、iOSとAndroid両OSに対応しているのもポイント。OSの異なる端末同士でも利用可能です。(文/すたみな花子)

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP