ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皇室警護専用のトヨタマジェスタ黒パトカーがミニカーで登場 1度限りの限定800台

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ヒコセブンのオリジナルブランド「RAI’S」から、ダイキャスト製1/43スケール(約11cm)『トヨタ マジェスタ 2008 警視庁警衛車両』が2016年9月7日より全国模型店にて予約受付を開始しました。

【関連:天皇陛下、80歳記念DVD】

「RAI’S」は実在する警察車両のみをモデル化するブランド。今回登場する『トヨタ マジェスタ 2008 警視庁警衛車両』は警視庁にある「警備部警衛課」で運用されている黒いトヨタ マジェスタの警察車両がモデル。警衛課は両陛下や皇族の方々を専門に警護する部署。両陛下の車両の前後を挟むような形で警護することで多く目撃されています。

グリル内に隠された前面赤色灯や、アンテナ類、天井の一部が反転して出てくる赤色灯は閉じた状態で再現。この車両にも天井の赤灯は装備されていますが、ほとんど出すことがないため、モデルでも閉じた状態で再現されています。

なお、「RAI’S」はすべて1度限りの限定生産モデルのため本商品も800台限定。価格は6000円(税別)で、発売は2016年10月下旬が予定されています。



関連記事リンク(外部サイト)

話題の「宇治抹茶カレー」、食べてみたら想像以上に味が抹茶でビックリ
食べずに飾りたい!米国発の惑星飴にうっとりしちゃう
ウイスキーを「デレ化」するミズナラ枡が一般販売へ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP