ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の「大好き!」満載の岡山へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ19選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

晴れの国・岡山は、温暖で気候が良く、フルーツの産地としても有名な県。

美術や芸術の文化が根付き、日本三名園の一つ岡山後楽園や天領の名残を残す倉敷美観地区のほか、歴史ある神社仏閣、美術館やものづくり体験施設など隠れた見どころがいっぱい。

仲の良い友達と岡山の女子旅で、一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

牛窓オリーブ園

山頂からは小豆島をはじめ、瀬戸内海に浮かぶ島々が望める。オリーブショップではオリーブ製品のおみやげ物が充実。定期的に園内でイベントを開催しています。ホームページからご確認ください。また毎年秋には園内にて「牛窓オリーブ収穫祭」を開催いたします。

\口コミ ピックアップ/

山の斜面にオリーブが植えられており、日本のエーゲ海・・・・とか。瀬戸内海に浮かぶ島々は絵になります。景色を満喫したらオリーブパレスに。輸入物のも含めていろいろなオリーブオイルがあります。試飲?もできました。階段を上がると展望台もあり、より高い位置で景色を楽しめます。《幸福の鐘》が設置されており、恋人たちの聖地にもなっているようです。

ちなみに私は娘たちに早く縁談がありますようにと鳴らしてきましたが、今の所効果はなかったかな?(笑)お弁当を持って家族で楽しめる場所です。オレンジソフトクリームが美味しかったです! 牛窓オリーブ園

住所/岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1

TEL/0869-34-2370

「牛窓オリーブ園」の詳細はこちら

最上稲荷

老松の茂る寺域に異国的な建物が並ぶ。日本三大稲荷の一つ。自然探勝の起点。古くは天平年間の開山という。別名、高松稲荷ともいい、日蓮宗妙教寺が稲荷信仰をも合わせた神仏習合の霊場である。

\口コミ ピックアップ/

日本三大稲荷と言われている有名な岡山の観光名所

建物もとても立派で歴史を感じることができます。

ゆっくり参拝出来ました。 最上稲荷

住所/岡山県岡山市北区高松稲荷712

TEL/086-287-3700

「最上稲荷」の詳細はこちら

岡山後楽園

水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園に数えられる回遊式庭園で、国指定特別名勝となっている。岡山藩主・池田綱政が、家臣の津田永忠を工事監督として築造させたもので、元禄年間(1686年~1700年)にほぼ完成したが、その後何度も模様換えや区域の拡張が行われるなどして、現在の規模までになっている。

明治4年(1871年)に後楽園と改称して一般公開し、同17年(1884年)に県営に移管した。延養亭から東面して望む沢の池と唯心山や、それらを取りまく広々とした芝生などが描きだす平明な景観が眺めの中心ともいえ、遠景に瓶井山の多宝塔を点として、操山のなだらかな山容が借景となっている。

\口コミ ピックアップ/

友達の案内で初めて訪れました。後楽園は知っていましたがまさか丹頂鶴がいるとは驚きました。友達に案内してもらい鶴がいる飼育場所へ行ってみるとTVでしか見たことのない4組のつがいの丹頂鶴が飼育されていてました。 目の前を歩く鶴は優雅で貴賓にあふれていました。

お正月にはこの鶴たちが空を舞うそうです。 機会があれば是非見てみたいです。 岡山後楽園

住所/岡山県岡山市北区後楽園1-5

TEL/086-272-1148

「岡山後楽園」の詳細はこちら

備中国分寺

聖武天皇の発願によって諸国に建立された国分寺の一つ、備中国分寺は南北朝時代に消失したとされ、現在の建物は江戸時代に再建されました。境内にそびえる五重塔(国重文)は、県内唯一のもの。また、庫裡・裏書院・経蔵は岡山県指定の文化財となっている。

\口コミ ピックアップ/

聖武天皇の発願によって諸国に建立された国分寺の一つで、のどかな田園風景の中にあり、五重塔が周囲の景観とマッチしていてとても素敵な光景でした。駐車場は無料、参拝料も不要ですので、気軽に立ち寄ってみてください。 備中国分寺

住所/岡山県総社市上林1046

TEL/0866-94-3155

「備中国分寺」の詳細はこちら

特別史跡旧閑谷学校

岡山藩主・池田光政が庶民教育の場とするため、津田永忠に命じて寛文11年(1671年)に造られた学校。講堂は元禄14年(1701年)の建築で、学校建築としては唯一の国宝。儒学の殿堂にふさわしい様式を備えている。

\口コミ ピックアップ/

門の横にあるかいの木は秋の頃、見事に色づいてとても美しいです。旧岡山藩の直営として、江戸時代(元禄14年/1701年)に庶民教育を目的として建てられた日本最古の庶民学校です。講堂の屋根瓦はすべて備前焼で作られています。黒光りする講堂内の床に座ると昔の勉学をした雰囲気が伝わってきます。 特別史跡旧閑谷学校

住所/岡山県備前市閑谷784

TEL/0869-67-1427

「特別史跡旧閑谷学校」の詳細はこちら

鷲羽山

2004年に国立公園指定70周年を迎えた瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地、鷲羽山では瀬戸大橋児島坂出ルートを一望することができます。 海抜133mの山頂「鍾秀峰」からは波静かな海上に点在する大小50余りの多島美と雄大な瀬戸大橋の姿を存分に楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/

広がる瀬戸内海と瀬戸大橋…なかなか素敵な景色です。夜景もこれまた雰囲気があるのでオススメ。ドライブのプランに組み込んではいかがでしょうか? 鷲羽山

住所/岡山県倉敷市下津井田之浦

TEL/086-473-1115

「鷲羽山」の詳細はこちら

倉敷美観地区

風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、伝統的な日本建築の美しさをよく残しているこの一帯は、江戸時代には米の積出地として栄えたところで、町並みから往時をしのぶことができる。世界的名画を集めた大原美術館をはじめ、民藝館、考古館など、文化的施設も多数ある。

\口コミ ピックアップ/

人が多かったですが、町並み綺麗なのどお店が充実していてよかったです。

お土産やさんや飲食店が多いです。美術館や体験アクティビティなどの目的がなければ半日で十分観光できました。

近場に市営の駐車場があり、駐車料金が安くてよかったです。 倉敷美観地区

住所/岡山県倉敷市中央

TEL/086-421-0224

「倉敷美観地区」の詳細はこちら

大原美術館

本館・分館・工芸・東洋館からなる。本館には西欧の近代絵画と彫刻を合わせ約140点を常時陳列してある。主な作品はエル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」などである。分館は近代日本の洋画と、日本の現代絵画、彫刻の常設館となっている。工芸館にはバーナード・リーチなど4大陶芸家の作品が1階と2階に2つずつの個室を設けて陳列されている。

強烈な個性と独特のタッチによって版画界に新境地を展開した棟方志功の版画作品が、壁に掲げた大作からガラスケースに入った小品まで数十点が展示されている。染色としては日本の型染や琉球紅型の美を深く追求してきた芹沢けい介作品が展示されている。東洋館には中国の古美術と、石仏・俑・銅器・陶器など、先史から中世頃の東アジアの美術品が合わせて展示されている。

\口コミ ピックアップ/

日本で最初に西洋美術、近代美術を展示した歴史ある美術館です。有名なものが多数展示されていてあまり詳しくない方でも楽しむ事ができると思います。

隣接している雰囲気たっぷりのカフェもあるので美観地区観光には欠かせない場所です。 大原美術館

住所/岡山県倉敷市中央1丁目1-15

TEL/086-422-0005

「大原美術館」の詳細はこちら

岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク

ドイツ風の農村をイメージしたテーマパーク。ワイナリーやドイツの田園地帯の街並み、農産加工場・レストラン等を中心にSL機関車、芝すべりゲレンデ、パターゴルフ場・自転車広場、グルメ体験やクラフト体験など家族で楽しめるレクリエーション施設も充実している。

\口コミ ピックアップ/

以前、友達と愛犬を連れて行きました!!

園内は広くて小さい子どもなどは芝の上を元気いっぱい走り回っていました(^ω^)

地ビールを飲みながらゆっくり過ごすことができ、牛の乳絞りやバターやソーセージを自分達で手作りするなど色々な体験が出来ます.

ペットを連れていけるとこは限られているので一緒に過ごすことができて嬉しいです♪ 岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク

住所/岡山県赤磐市仁堀中2006

TEL/086-958-2111

「岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク」の詳細はこちら

湯原温泉

中国山地の山々に囲まれ、旭川の渓谷に湯煙りの立ちのぼる静かな温泉。温泉の歴史は古く、江戸時代の諸国温泉番付では東の関脇に選ばれたという。名物である露天風呂「砂湯」は、旭川をせき止めて造られた湯原ダムえん堤の真下河原にあり、川床から湧く温泉を自然石で囲った湯船が3つあり、それぞれ長寿の湯、子宝の湯、美人の湯と名付けられ湯船の底は川砂で、湯がこんこんと湧き出ている。

屏風のように立ちはだかるダムをバックに、秋は山を彩る紅葉、冬は降りつもる雪を眺めながらと野趣は満点。しかも無料。湯はアルカリ性単純泉、48度。慢性リウマチ、神経痛、神経炎、疲労回復、慢性皮膚炎などに効能がある。町営湯本温泉館の新館には、サウナ・ジェットバス・ジャグジーバスがあり、身障者・高齢者の方にも安心して利用できます。

\口コミ ピックアップ/

ドライブがてら気軽に行ける近場の温泉として、とっても良いです!

以前よくスキーに行ってた頃は、帰りに温泉つかってかえるのも定番でした。

ウィンタースポーツの後の温泉は最高ですよー♪ 湯原温泉

住所/岡山県真庭市湯原温泉

「湯原温泉」の詳細はこちら

湯郷温泉

岡山県美作市にあり、奥津温泉地、湯原温泉地と合わせて美作三湯(みまさかさんとう)と呼ばれています。その昔、円仁法師が西国巡礼の途中に、白鷺が足の傷を癒しているのを見て発見したと伝えられる湯郷温泉は、別名「鷺の湯」と呼ばれ、およそ1200年前から人々に親しまれてきました。

1分間に450L湧出しており、ラジウム気泡を含む塩化物泉で湧出温度は40~43度。無色透明の湯は肌がつるつるになると評判なことから別名「美人の湯」とも呼ばれています。ホタルが生息する清流が流れる温泉街には、和の情緒豊かな宿からモダンな宿まで大小のホテル、旅館、民宿が約15軒が立ち並び、観光、湯治、地元客とさまざまなお客さんで賑わいます。

温泉街を散策すればおもちゃの観光施設や手作り体験などが楽しめr、無料足湯『ふれあいの湯』、日帰り利用できる『湯郷鷺温泉館』では洞窟風呂や露天風呂が楽しめます。源泉が湧く塩湯社、湯神社への参拝もどうぞ。

【湯郷鷺温泉館(ゆのごうさぎおんせんかん)】湯郷温泉街の中心に立つ日帰り温泉施設。大浴場のほかサウナ、超音波風呂、泡風呂、露天風呂が男女別にあり、家族風呂、休憩室、個室なども整っている。

また、別棟に養療浴場もある。こちらは湯治客専門で、男女別の大浴場が1ケ所ずつある。泉質は含塩化土類食塩泉、43度。神経痛、リューマチ、婦人病、痛風などに効き、飲用すれば、胃腸病、貧血症、慢性便秘に効期あり。7時30分~22時、無休。湯郷鷺温泉館TEL(0868)72-0279

\口コミ ピックアップ/

温泉街中央にある足湯は、他の温泉街にある足湯と違い、まるでお風呂に浸かるような感じの広いスペースがあり、足だけ浸かるのがもったないくらいの足湯です。家族みんなで旅の疲れを癒したいときに最高だと感じます。湯郷にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 湯郷温泉

住所/岡山県美作市湯郷323-2

TEL/0868-72-0374

「湯郷温泉」の詳細はこちら

砂湯露天風呂

湯原温泉郷にある露天風呂が「砂湯露天風呂」。旭川の川底から湧いている温泉を石で囲った、野趣あふれる露天風呂で、美人の湯、長寿の湯、子宝の湯と3つの湯船があり、すべて男女混浴になっている。全国の露天風呂番付で西の横綱に選ばれたこの名泉で、密かにお肌を磨いて、女を上げてみてはいかが?

老若男女、おおらかに温泉につかってみる

\口コミ ピックアップ/

ここは、本に載ってて絶対行きたい所の1つでした。昼過ぎに行ったのですが、人がたくさん入浴されていました・・・・が、女の人は、3、4人位で、後はほとんどが男性・・・入るのに少し勇気がいりましたが、タオルさえまいてれば大丈夫!とゆうことで思い切って入湯!山の中で景色もよく、気持ちよかったです!

無料で24時間利用可能です。ただ昼間以外は、これからは、着替えとかが非常に寒いと思います。

駐車場迄に、手湯足湯があり、コレはすごく気持ちがよかったです。 砂湯露天風呂

住所/岡山県真庭郡湯原町湯本

「砂湯露天風呂」の詳細はこちら

瀬戸大橋

瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ長大橋。香川県坂出市と岡山県倉敷市を結ぶ6つの橋と4つの高架橋を総称して呼ぶ。全長9368mで、鉄道と道路の併用橋としては世界最長を誇る。坂出市側のたもとに瀬戸大橋記念公園があり、回転展望台「瀬戸大橋タワー」がある。

\口コミ ピックアップ/

瀬戸大橋を渡りつつ、瀬戸大橋を見渡せるSAが途中にあるので、2回楽しめます。SAの駐車場からは橋を走る電車も見ることができるので、乗り物好きにはたまりません。アンパンマン電車も通れば見れます。 瀬戸大橋

住所/岡山県倉敷市下津井田之浦1丁目1

TEL/086-483-1100

「瀬戸大橋」の詳細はこちら

倉敷アイビースクエア

明治の名残を収めたレンガ、その壁面に蔦(アイビー)をまとう工場の建物を利用した施設。ホテル・ラウンジ・食堂・倉紡記念館・アイビー学館・児島虎次郎記念館がある。

\口コミ ピックアップ/

倉敷美観地区を一本中に入ったところにある歴史的建造物です。倉敷紡績クラボウの施設で、歴史を感じる建物等があります。訪れる人も多く混んでいますが、狙い目は夕方です。独特の風景を独り占めできます。ゆっくり歩いて時の空気を感じましょう。ツタが立派に覆った建物をはじめ倉敷の歴史を学ぶことができます。 倉敷アイビースクエア

住所/岡山県倉敷市本町7-2

TEL/086-422-0011

「倉敷アイビースクエア」の詳細はこちら

岡山城

宇喜多秀家が豊臣秀吉の指導を受けて築城し、慶長2年(1597)に完成。天守閣は戦災で焼失してしまったが昭和41年(1966)に再建されている。天守閣内部では、歴史展示以外にも備前焼の体験、着付け体験、駕籠に乗って写真撮影などが出来る学びと遊びの空間になっている。天守閣の外観が黒いため「烏城」とも呼ばれ親しまれている。また本丸の北西隅には焼失をまぬがれた月見櫓が往時を偲ばせる姿で建っている

\口コミ ピックアップ/

岡山駅近くに宿泊した際に、電車の往復、岡山後楽園、岡山城の無料チケットを頂いたので行ってきました。後楽園見学後に、向かったのですが、旭川を渡る必要があり意外に歩かなければなりません。でも城を眺めながら進んでいくので、そんなには苦になりませんでした。城ですが、近くで見ると、その立派な烏城といわれる姿に感動してしまいました。また、中はお土産屋さんや資料館、体験施設などがあって、いろいろと楽しめるようになっていました。 岡山城

住所/岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

TEL/086-225-2096

「岡山城」の詳細はこちら

吉備津神社

豪壮かつ優美な比翼入母屋造りの国宝。数多くの吉備津彦命伝承が残り鳴釜の神事は上田秋成の「雨月物語」でも著名。総延長約400mの長大な回廊も奇観である。

\口コミ ピックアップ/

階段を上った社殿は国宝です。先ずはこちらでお祈りを。次いで、奥の階段を数段上がった所の勉学の神様、一童社へ。受験生は是非ここでお祈りを。その後、回廊へ。300m位真っ直ぐに続きます。回廊の先は小さな社殿の本宮社があります。 吉備津神社

住所/岡山県岡山市北区吉備津931

TEL/086-287-4111

「吉備津神社」の詳細はこちら

蒜山高原

大山隠岐国立公園内にある、なだらかな高原。ジャージー牛が放牧地に放牧され、そののどかな風景が多くの人に魅力をあたえ、岡山県下有数の観光地となっている。蒜山三座南麓。乳牛の放牧、珍しい動植物も豊富で行楽客も増加している。景観は雄大。

\口コミ ピックアップ/

あいにくの曇り空でしたが、緑あふれる雄大な景色に圧巻。さすが西の軽井沢と言われるだけはあるなぁと思いました。日頃のストレスも忘れてしまい、気持ちもスッキリしました。

立ち寄ったお店で買ったソフトクリームはミルクがとても濃厚でおいしかったです!蒜山高原はドライブで訪れてもいいし、ジンギスカンやジャージー牛ミルクを使ったシュークリームなどのグルメを楽しむのにもオススメ!大人も子供も思いっきり楽しめるスポットだと思いますよ。 蒜山高原

住所/岡山県真庭市川上・八束

TEL/0867-66-3220

「蒜山高原」の詳細はこちら

神庭の滝

神庭川に懸る西日本一の名瀑。黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地,県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しい。

\口コミ ピックアップ/

断崖絶壁から流れる滝は迫力あります。紅葉シーズンはさらにキレイに感じます。鬼の穴と呼ばれる洞窟もあったりします。また、野生のお猿さんにも出会えるでしょう。野いちごなどの季節は山にいることが多いらしくその時期をさけた行ってみればお猿さんと出会えると思います。

寒い時期は大勢で丸まっているので、その姿は可愛いですよ(笑) 神庭の滝

住所/岡山県真庭市神庭640

TEL/0867-44-2607

「神庭の滝」の詳細はこちら

備中松山城

城山の臥牛山は大松山、小松山、天神丸、前山の四峰から成るが、秋庭重信が延応2年(1240)大松山に砦を築いたことに始まります。現在の「備中松山城」は天和3年(1683)、松山藩主水谷勝宗の手によって完成したものといわれています。現在は二層二階の天守の他、二重櫓、大手門や櫓の礎石、土塀、高い石垣などが残っています。平成9年本丸の一部が復元されました。

天守、二重櫓、土塀の一部が国の重要文化財に指定されています。現存する天守を持ち、日本一高い場所にある山城であり、秋から春にかけて、早朝のみに見ることができる雲海に浮かぶ姿は幻想的です。

\口コミ ピックアップ/

観光シーズンでもありたくさんの観光客でした。駐車場から登山口まではシャトルバスで移動し、そこからやく15分の登山でしたが、結構急な箇所もあって一苦労でしたが、上り切ってみると思ったより立派なお城にびっくりしました。最近「天空の城」とか言って流行り物のように取り上げられていますが、見ごたえはあると思います。お城の中も見学しましたが、さすがに全てが当時のままとはいきませんが、当時を偲ぶには十分だと思います。良い体験ができました。 備中松山城

住所/岡山県高梁市内山下1

TEL/0866-22-1487

「備中松山城」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

深まる秋の趣溢れる兵庫をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ20選
深まる秋の趣溢れる北海道をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ19選
深まる秋の趣溢れる大阪をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP