体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何事も「中途半端」が一番ダメ。ということで、乗るべきはやっぱり往年のSクラスなのか?

▲いっさいの妥協をせず「最善か無か」を地で行っていた時代のメルセデス・ベンツ Sクラス

▲いっさいの妥協をせず「最善か無か」を地で行っていた時代のメルセデス・ベンツ Sクラス

酔客との間で起きてしまった警察沙汰

過日、いわゆる中二病に罹患していた10代半ば以来約30年ぶりに、警察のご厄介になってしまった。多摩川で開催された花火大会を見に行った帰り道、酔客と揉めてしまったのだ。

詳細は端折るが、駅ホームに泥酔して座り込んでいた1人の女性酔客がいた。で、筆者は彼女の傍らに置かれていた飲みかけのビールを、誤って蹴飛ばしてしまった。酔っている女性は「弁償しろ! 500円だ!」とわめき、わたしもその瞬間は「すまなかった、了解した」と応じた。

しかしよく考えてみると、完全に冷気を失っているカップ半量のビールに500円の価値があるとは到底思えず、さらに考えてみれば、そもそもこんなところにビールを置いてる方が悪いんじゃねえかテメー! ということで、わたしは「ま、200円だな……」と言って彼女に100円硬貨2枚を渡した。

だがそれによって彼女の怒りの炎はさらに燃え上がり、筆者および家人に対して数々の罵詈雑言をぶつけ、最終的にはちょっとした暴行事件に至った(当然だが筆者側はいっさい手出しをしていない)。で、これはたまらんということで最寄りの交番に行ったのだ。

まぁこの程度の「事件」では当然おまわりさんからも「双方の非を謝罪し合っておしまいにしましょうよ」的な裁きしか下らず、筆者はそれに従った。が、暴行を働いた酔客女性は従わない。非常に不愉快ではあったが、これ以上アレしてもアレだということで、その時点で「おしまい」にした。

しかし一夜明けて考えてみると、「そもそもわたしの対応がまずかったのかもしれない」と思い至った。わたしがとった対応はいかにも中途半端であり、もっとこう極端にいくべきだったのだ。

▲楽しいはずの花火大会の帰り道に起きてしまった揉めごと。原因は筆者の中途半端な対応だったのか?

▲楽しいはずの花火大会の帰り道に起きてしまった揉めごと。原因は筆者の中途半端な対応だったのか?

人間も車も「最善か無か」の精神が何かと重要

酔客のビールを誤って蹴倒してしまったとき、とるべき正解アクションは2パターンあったはずだ。パターンAは、「見えてなかったからとはいえゴメンね。500円? 了解!」と言って、500円硬貨ではなく千円札1枚を渡し、静かに立ち去る。そしてパターンBは、「500円? ふざけるな! あのビールにそんな価値あるわけねえだろ! ていうかあんなとこにビール置いてるオメーが悪い!」と完全に切り捨てる。それで解決しない場合、なんなら弁護士を起用して最後まで徹底的に争う。

しかし実際に筆者がとった行動は「ま、200円」という、なんとも中途半端なものだった。そしてそれがゆえに、無用で不毛な混乱を生んでしまったのだ。やはり人間たるもの、本件に限らず何だって「最善か無か」の精神であたらなければならないのだなと、あらためて痛感したのだった。

そして「最善か無か」といえば、当然のように思い出されるのがメルセデス・ベンツの企業スローガン「Das Beste oder nichts(最善か無か)」である。

▲その昔使っていた「Das Beste oder nichts(最善か無か)」という企業スローガンを最近は再び用いるようになったメルセデス。写真はダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEO

▲その昔使っていた「Das Beste oder nichts(最善か無か)」という企業スローガンを、最近再び用いるようになったメルセデス。写真はダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEO

一時期のメルセデスは「最善か無か」とは言いがたい中途半端な車作りをしていたように、少なくとも筆者には思えた。しかし数年前にその企業スローガンを復活させたあたりから商品力は再び大いに向上し、最新のCクラスやEクラスに至ってはまさに「最善」としか言いようのない出来に見える。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。