体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“365日チョコを食べ続ける男”が伝授! カカオからチョコレートができるまでを手作り体験 

f:id:uralatokyo:20160711162546j:plain

老若男女問わずみんな大好きなチョコレート。

でもふと考えると、チョコレートってどうやってできているんだっけ?

「カカオから作るんでしょ」っていうのは知ってても……じゃあカカオって何? カカオからどうやったらチョコレートになるの?

……と、よくよく考えたらチョコレートが作られる工程を知っているようで何も知らないことに気づいた私。

こんなにチョコレートを愛しているのに~!

と、思っていたところに、チョコレートをカカオから作るイベントを発見。ここに行けば、チョコレートの作り方の全貌が明らかになるに違いない。

f:id:uralatokyo:20160711153404j:plain

この方が、イベントの主催者であるチョコレートくん。チョコレート探検家であり、“365日チョコを食べ続ける男”であります。チョコレート好きが高じて、「Chocolat du Cima」というショコラブランドの代表もしています。

私「写真撮りますね~」

チョコレートくん「あ、じゃあカカオポーズしますね……」

私「え? カカオポーズって……」

と思ったら、カカオを手に取るチョコレートくん。うん、誰にも真似できないよ、このポーズ!

物心ついたときから、チョコレートの虜だったというチョコレートくん。趣味で、カカオからチョコレートを作っていたところ、「ひとりでやるのは大変だな~」と「そうだ、イベントにしちゃおう」と思ったそう(その行動力、マジリスペクト!)。

今は、月に1回程度、不定期でカカオからチョコレートを作るイベントを主催されています。

私も、がっつり作らせていただきましたので、皆様にその全貌をお見せします。

というわけで、改めてカカオにご登場いただきましょう。

f:id:uralatokyo:20160711153215j:plain

じゃーん!

思っていたよりデカい! というのが第一印象。しかも、これは乾燥させた状態で、実際のカカオの実はこれの1.5倍ほどあるそう。

カカオが育つのは、赤道から南北20度まで、降水量の多い地域のみ。パッションフルーツのような味の果肉なんだとか。

割ると、中に40~50粒の種子(=カカオ豆)があり発酵・乾燥処理されたものが麻袋に詰められ船で運ばれます。さらに、それを焙煎します。

f:id:uralatokyo:20160711155817j:plain

右が乾燥されて運ばれてきカカオ豆。カカオの焙煎は120度で40分ほど、手網を使って焙煎するそう。焙煎は、チョコレートくんが自宅でコツコツやってきてくれます。

今回のカカオはニカラグア産のもの。産地や栽培状況、カカオの種類などによって味が変わるそうで、今回のカカオはフルーティーな酸味が特徴とのこと。

f:id:uralatokyo:20160711162546j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。