ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

粋なおもてニャしは猫の手を借りて♡ 笑顔が生まれる「ミニ和風ニャシュマロ お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中の会」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お客様のおもてなしは気を使うもの。ホームパーティーから急なお客様まで、粋なおもてなしができたなら…。そう思っている人におススメしたいスイーツが登場した。

9月7日より「フェリシモ猫部」からウェブ販売されているのは「ミニ和風ニャシュマロ お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中の会」(月1セット1939円)

ほうずいとは、あわ立てた卵白と寒天に砂糖をくわえたものを混ぜ固めたもののこと。「ミニ和風ニャシュマロ お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中の会」は、お椀の形のもなかの皮に餡をつめて、猫の形のほうずいをのせた和菓子だ。

もなかの皮は金沢の老舗専門店が製造したものを使用、北海道産の小豆とインゲン豆の餡をつかったこだわりの品。

おもてなしに使えば、お客様はふたを開けた途端に思わずニッコリ♡お椀の形のもなか皮には、あん以外にもアイスクリームやホイップクリームを添えてアレンジしてもOK。

「ミニ和風ニャシュマロ お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中の会」1セットの内容は、和風マシュマロ6個(6種類)、最中の皮6組、あん3袋(粒あん2袋、白あん1袋)各約35g。毎月1回、3種類の中から、ローテーションで、1種類ずつお届けしていく。

箱入りなので、贈りものにもぴったり。猫好き仲間にプレゼントすれば一目置かれるかも♪

「ミニ和風ニャシュマロ お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中の会」のお申し込みはこちらへ。
http://www.feli.jp/s/pr16090702/2/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP