体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

噂の「岩下の新生姜ミュージアム」で新生姜だらけのメニューを堪能してきた【岩下ファン感涙】

グルメ

f:id:Meshi2_IB:20160726211804j:plain

新生姜ファンの聖地に行ってきた!

岩下のっ新生姜っ♪

この軽快なCMソングが、頭に残る「岩下の新生姜」。最近、やたらと巷で超話題になってますよね! 発売元の岩下食品株式会社からは、ひじょうに個性的なペンライトの販売や、渋谷でカフェを期間限定オープンなど、ここ数年注目すべきニュースが続々! 以前からの「岩下の新生姜」ファンだけでなく、若い世代や好事家たちからの支持もアツくなってきております。

そんな「岩下の新生姜」の近年トップクラスのトピックスといえば……「岩下の新生姜ミュージアム」の開館。2015年の5月にオープンしたこのミュージアム、来訪者数は一年でなんと7万人を突破! 公式サイトには「おいしくてヘルシーでワクワクするような岩下の新生姜に関する展示や遊具、体験、食を通じて『新生姜のあるシアワセ』を感じていただけるミュージアム」と説明書きが。ネット上での噂によると、そうとう気合の入ったミュージアムらしいんですよ。しかも、併設された「岩下の新生姜」を使ったカフェメシが楽しめる専門カフェもすこぶる評判が高いのです。

f:id:Meshi2_IB:20160726211754j:plain

というわけで、さっそく『メシ通』取材を敢行してしまいましたよ! 何を隠そう、この私も幼いころから「岩下の新生姜」ファンなわけで。栃木県栃木市にあるミュージアムは、いわば聖地なわけで……。すでに入手済みだったウワサの新生姜ペンライトとともに、世田谷区から一時間半。電車に揺られてミュージアムに向かいました。

f:id:Meshi2_IB:20160726211810j:plain

栃木駅から徒歩12分で到着。ここが「岩下の新生姜ミュージアム」!

ちょうどオープン1周年のタイミングでおうかがいできました。遅ればせながら1周年おめでとうございます! と、ドキドキしながら入館。それにしても、いったいどんな場所なのでしょうか……!? とりあえず館内をぐるりと一周させていただきました。

f:id:Meshi2_IB:20160726211755j:plain
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会