ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾崎世界観、アルバム収録曲「バンド」に込めた思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の深夜1時からの番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。9月5日のオンエアでは、少し前にネットテレビ局で配信されたクリープハイプの特番について届いたメールを紹介しました。

届いたメールの多くは、9月7日(水)に発売されるクリープハイプのニューアルバム『世界観』に収録されている曲「バンド」の感想。2009年11月に、クリープハイプは今のメンバーが正式メンバーになり、その日に行われたライブのアンコールで発表したそうですが、この曲はそのときのことが歌詞になっているのだとか。

クリープハイプは何度もメンバー変更を繰り返し、その後、尾崎世界観の1人ユニットとして活動していましたが、

「ずっとメンバーが変わっていたので『もう1人でやろう』と思って、全員サポートメンバーでしばらく活動していて。で、今のメンバーがサポートメンバーだったんですけど『もう1回ちゃんとやってみたいな』と思い(正式メンバーになることを)発表したんですよ」(尾崎)

しかし、当時ライブハウスで話していたお客さんたちに、「メンバーをコロコロ変えるのはやめてくれ」「こっちも愛情を持って接しているのに、そのメンバーが急にいなくなるのは耐えられない」などと言われていたそうで、メンバーの加入を発表するとお客さんに「またか」と思われるのでは…と、尾崎はナイーブになっていたのだそうです。

「『今のメンバーでやっていきます』と発表したときに、拍手がずっと終わらなくて…それがすごく嬉しかったですね。ずっと止まらない拍手で…それを今も覚えています」と当時を振り返りました。このときの思いを歌詞にした曲が「バンド」なのだそうです。

そのときのライブにいてくれたお客さんからも「曲を聴いて嗚咽が止まりませんでした」というメールが届き「本当にありがたいなと思います」と尾崎。素直に感謝の気持ちを伝えていました!

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP