体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

遺伝子組換の話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」というツール。遺伝子の編集が簡単に安くできるようになりました。これを応用すれば、ウイルスや遺伝による疾患を除去できるかもしれません。

しかし、リスクが高いのも事実。では、技術が進歩したらどんな可能性が考えられるのか。飛躍したアイデアも含めてその歴史を見てみましょう。

遺伝子組換の歴史は、
多くの命を救った!

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

2016年8月28日、東京大学が遺伝子組換によってがん細胞を破壊するウイルスを開発しました。正常な細胞は傷つけないと言われており、2年以内の臨床試験が始まるとも。あまり身近ではないように思えますが、こういった医療への実用例はすでにあります。

Kurzgesagt – In a Nutshell」の動画によれば、植物に放射線を当てて検証する実験から始まり、遺伝子を混ぜる組換技術が進歩。様々な組換生物や化学物質が生み出されていきました。

1974年には、MITの生物学者ルドルフ・イエーニッシュが遺伝子組換によってマウスを作製。治療法の開発に役立てられ、多くの命が救われています。

植物→動物→食品→人間。

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

90年代になると、遺伝子組換は食品に応用開始。長持ちする野菜が登場。この時に使用されたのは、“腐敗しない遺伝子”だとか。

それから、筋肉質な豚、成長の早いサケ、毛のないニワトリ、光る熱帯魚などが生み出されています。

遺伝子を編集され、
生まれてくる子どもたち。

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

不妊治療の一環として、3人の親を持つ子どもを生む方法が誕生しました。母親の遺伝物質を代理母に移植して出産、生まれた子どもは3人の遺伝子を受け継ぎます。

これには、疾患の継承リスクを減らす目的がありますが、一方では皮膚や眼の色、体格、知性をカスタマイズできる「デザイナーベイビー」を認めることに繋がるとも言われており、物議を醸しています。

ウイルスを改造して、
悪性腫瘍だけを殺す。

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。

2015年、HIVウイルスに感染したマウスに「CRISPR-Cas9」を使用し、50%のウイルスを除去することに成功。

ネイチャー」に掲載されているデューク大学の生物学者、ブライアン・カレン氏は「まだまだ絵に描いた餅だ」とコメントしていましたが、さらに進歩は加速していくと言われていました。東京大学のウイルス開発は、まさにこの遺伝子組換技術を用いた好例でしょう。

また、米国や中国で臨床試験が認可され、肺がん患者でテストを行うというニュースもあります。ゆくゆくは、遺伝的な疾患を誰でも治療できるようにもなるかもしれません。

人類が人工的に進化する。

遺伝子組換人間「デザイナーベイビー」が現実味を帯びてきている。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会