体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不器用大ざっぱ女子を卒業! クロス・ステッチで女子力を高める!

f:id:ponparemall:20160825123804j:plain

お料理やお裁縫が上手だと、“女子力・ママ力が高い”というイメージがありますよね? でも不器用だって、女子力を高めたいんです! どうにかいい方法はないものか…と、そこで行きついたのが、誰でもでもできるという「クロス・ステッチ」の刺繍。“かわいくてかんたん!”と、巷でも話題になっているみたい。そこで挑戦してみました!

×印を縫っていくだけ!

クロス・ステッチとは、“糸をクロスさせて×印を規則正しく布に縫っていく”刺繍技法のこと。発祥は4世紀のトルコといわれており、その後イタリアをはじめ、ヨーロッパに伝播していったとか。日本に伝わったのは、明治時代の末期だそう。

いろはがまったくわからない状態なので、とりあえず手芸屋さんで初心者専用のキットを購入してみました。お店にはクロス・ステッチ専用の、マス目状に織られた布(タテとヨコの糸が等間隔で織られている布)も販売されています。最初のうちは、そういった布を使用して始めてみるとよいかもしれません。

f:id:ponparemall:20160825123848j:plain

こちらが初心者用キット。基本的な縫い方を解説してくれる冊子つき。クロス・ステッチ専用の布と針、必要な刺繍糸(8色/25番)、図案が入っていました。パッケージの猫ちゃんのイラストに挑戦してみます

布の下準備から始めます

f:id:ponparemall:20160825123938j:plain

まずは説明書にしたがって、布のふちがほつれないように、周りを普通の糸でかがります。次に、布を4つ折りにして中心を決定。図案の中心地も確認して、中心に近いところから縫い始めていきます。

かがり縫いの悲惨な有り様から、筆者の不器用さが伝わるかと思います…。裁縫をしたのは実に15年ぶり。かろうじて玉止めのやり方は体が覚えておりました

クロス・ステッチは本来、布に下描きをせずに図案で縫うマス目を確認しながらやっていくものなのですが、かなり不安だったのでこっそりセンターに印をつけました…。

図案には、「+」や「△」「●」などの記号とさまざまな色で、それぞれの刺繍箇所が示されています。基本的な刺し方はヨコから、タテから…と、2種類ある様子。どちらの場合も、「交差する糸が必ず同じ方向に揃うように刺します。糸の引き加減が同じになるように刺します」(冊子『知っておきたい! クロス・ステッチの基本』より)とのことです。それ以外はほとんどフリーダム。図案通りになるようにチクチク刺していくだけです。

f:id:ponparemall:20160825124010j:plain

「◯」などの記号が書かれていますが、実際にはクロスに縫っていきます

図面をよく確認しながらチクチク

準備が整ったので、いよいよ布に糸を刺していきます! 刺繍糸は「25番」を使用。25番の刺繍糸は6本綴りの糸になっており、場合よっては糸を「3本取り」「4本取り」などにして使用せねばなりませんが、今回は猫の口以外は6本取り。なので、そのまま刺繍糸を使います。縫いはじめは玉結びをせずにそのまま裏から針を刺し、糸の端っこを5㎝程度残します。その残した糸をかませながら、4〜5目分程度刺していけばOKです。

1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。