ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボトル容器入りでかけるだけ!森永乳業「ビヒダス とろっとかける プレーンヨーグルト」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ヨーグルトは、シリアル、グラノーラ、パンケーキにかけたり、マヨネーズやドレッシング替わりに使ったりすることが多くなった。このような使い方に対応するために、森永乳業は、かけるタイプの「ビヒダス とろっとかける プレーンヨーグルト」を9月13日に北海道、東北、関東、東海、北陸で販売する。

大容量のプレーンヨーグルトは、食べる飲む以外にグラノーラやシリアルに加えるといった実態があることを踏まえ、ボトル容器を採用し、ヨーグルトの粘度を調整した。適度な粘度のヨーグルトをボトル容器に入れることで、取り分ける際に、スプーンを使わないのでお手軽な上、余計な洗い物を増やさずに済むので、食事準備や片づけが簡単。

また、砂糖や香料を使っておらず、酸味を抑えたまろやかな味わいのヨーグルトなので、そのまま食べたり、料理や調味料に使ったりできる。内容量は400g、カロリーは70kcal (100g当たり)、賞味期限は17日間になっており、税別210円で量販店や一般小売店で発売する。

配合されているビフィズス菌BB536は、健康な乳児から見つかったヒト腸管にあるビフィズス菌の種類。他のビフィズス菌に比較して酸や酸素に対して強く、生きたまま大腸に到達できるため、腸内にある善玉菌を増加させ、悪玉菌を追い払う。

かけるヨーグルトとして登場するこの商品。お手軽に使えるので、幅広い世代に喜ばれそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP