ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

より魅力的な女性に! 気になるカレにウンザリされない会話のポイント4つ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

以前と比べて、40歳を過ぎても独身でいる女性は珍しくなくなりました。

国勢調査によれば、女性の35~39歳の未婚率は2010年で23.1%と、4人に1人が未婚となっており、30年前の1980年の5.5%から大きく増えています。

その中には、「結婚したいけどできていない人」も「そもそも結婚する気がない人」もいるはずですが、いずれにしても「恋愛」をすることにはやぶさかではないでしょう。

ただ、この年齢での恋愛となると、「容姿に自信がない」「仕事が忙しい」などの理由から二の足を踏んでしまう人は多いはず。でも、心配はいりません。

大人の女性として身につけてきた知性や気づかいは、若さを補ってあまりあるもの。40代には40代の恋愛があり、40代の女性をより魅力的に見せる恋愛テクニックがあるのです。

『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(木村隆志著、同文館出版刊)では、男性から魅力的に見える女性になるための40代の恋愛術を紹介しています。ここでは本書から好感を落とさずに、良い印象を与える会話術について取り上げていきましょう。

■「男性が会話をリードする」という思い込みを外してあげる

「男性が会話をリードして、女性を楽しませないといけない」というのは、男性の思い込みです。ところが、この思い込みが強すぎて初対面でリラックスして話せない男性は多くいます。

そんな男性に対してハードルを下げて話しやすくしてあげるのが、大人の女性の気づかい。自分が話した後に「私、話しベタで」「オチがなくてごめん」などと伝えると、男性側も「それならこっちも気が楽だ」と安心感を抱くはずです。

■「○○ですか?」ばかりだと相手は困ってしまうかも

気になる男性に対しては積極的に話しかけるべきです。でも、相手のことを知りたいからといって「○○ですか?」と質問してばかりでは、相手は尋問されているように思ってしまうかもしれません。

質問を控えめにして、なおかつ自分から話しかけるというのは難しいことのように思えますが、そんなことはありません。

「おもしろいね」「たのしい」「おいしい」といった簡単なものでいいので、ポジティブな感情を共有できるような言葉をかけるようにすると、男性もそれに応えてくれるでしょう。

■具体的な名詞を使って話す

たとえば男性に好きな食べ物を聞かれた時、「和食」あるいは「お寿司」などと答えるよりも「白身や貝のお寿司」や「築地場内の○○寿司」とより具体的に答えるほうが、断然男性からの好感度は上がります。

これならば、男性も返事をしやすいですし、何より「じゃあ今度行こう」と次のデートに誘いやすくなります。これは好きな食べ物に限らずあらゆることに言えます。

■自分の方が知っている話題の時は、それとなく教える

何歳になっても、男性は自分よりも知識があったり、頭のいい女性を敬遠しがちですし、女性から一方的に何かを教えられることを好みません。

だから、もしあることについて男性よりも自分の方が知識を持っている時は、あまり「教えてあげている感」が出ないように「○○なんですって」「○○みたいですよ」などと、それとなく伝えるのが大人の女性のたしなみ。

目的は二人の距離を縮めることであって、知識を誇ることではないというのは心にとめておきましょう。

年齢を理由に恋愛から遠ざかるのはもったいない!

むしろ年齢を重ね、男性を見る目が鍛えられたからこそいい恋愛ができる。そう信じて、20代、30代ではできなかった大人の恋愛に踏み出してみませんか?

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

これは納得するしかない。婚活で「モテる人」と「モテない人」の差とは

幼稚な行動で周囲を困らす社員の5つの行動タイプ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP