体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アホな登場人物が多すぎる!? ♪【古事成語の成り立ち】トンデモ面白エピソード・5選

アホな登場人物が多すぎる!? ♪【古事成語の成り立ち】トンデモ面白エピソード・5選

人口が世界でナンバーワンの国、中国!

中国には古代から続く長~い歴史があり、私たち日本人が使っている漢字も中国がルーツだったことは、みなさんご存じですよね?また、中国には昔の出来事をシンプルな言葉で表し、人々の生きる知恵として後世に伝え残す文化もありました!

そう、それが“故事成語”!!

私たちの日常会話に何気なく登場する言葉も、実は中国の故事成語だという例が少なくないんですよ。そして故事成語の1つ1つには「おいおい、昔の中国の人たちってば何やってんだよ!」と思わずツッコミを入れたくなるような面白い成立秘話が隠されているとか!?

今回は5つの故事成語をピックアップし、一体どんなトンデモ古典エピソードから生まれた言葉なのかをご紹介していきますっ!

故事成語の背景にはこんなにも愉快なドラマが!?

【蛇足(だそく)】余分なもの、なくてもいいもののこと

蛇の足と書いて“蛇足”。蛇って、あのニョロニョロした細長い生き物ですよ?足なんて見当たりませんよねぇ…??この言葉には、次のような由来があったんです!

ある日、楚という国で、お祝い用のお酒を数人で分けようかという話になりました。でもそうしたら、1人あたりの飲める量がごくわずかになってしまいます。「だったらいっそのこと、誰か1人が全部飲んじゃった方がお得だし不満も出ないのでは!?」…という意見で満場一致。

その“誰か1人”を決めるため、急遽開催されたのが蛇のお絵かき選手権!みんなで地面に蛇の絵を描き、最初に完成させた人が優勝という単純ルール!!

トップに躍り出たのはある男。ささっと蛇の絵を描きあげたのです。が、その男は「みんな描くの遅いぜっ!俺は余裕すぎて時間あまっちゃってるから、ついでに蛇に足まで描いちゃお~♪」と、余裕しゃくしゃくでお絵かきを続行します!

すると、2番目に蛇を完成させた男が「おめぇ、何を考えてんだ?蛇に足を描いちまったら、そりゃもはや蛇とは呼べねーよな?ってことで、ホントの勝者はオレだぜぃ!」と宣言し、お酒を独り占め!!

そう、本来なら優勝していたはずの男は“足の生えた蛇”という謎のクリーチャーを生み出したせいで、お酒を奪われてしまったんです…。

…はい、アホですね、アホ。でも本当に、蛇の足が余分だったでしょ?なかった方がよかったでしょ?(笑)

【矛盾(むじゅん)】辻褄が合わないこと

2011年~2013年まで『ほこ×たて』というバラエティ番組が放送されていました。お子さまと一緒にご覧になっていた保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば“絶対に穴の開かない金属”と“どんな金属にも穴を開けられるドリル”を対決させたらどうなるのかを検証していましたけど、あれはまさに“矛盾”という故事成語を現代に再現したものだったんですね!教科書に載っていることもある有名なエピソードですが、今一度チェックしてみましょう!!

これまた楚という国で、矛と盾を売り歩いている商人がいました。

さて、商人の売り文句を聞いてみると、矛に関しては「これ、めっちゃ鋭いっすよ!ガチで攻撃力、パねぇんすよ!!この矛で突き通せない盾なんか、この世には存在しないっすね!(キリッ)」とアピりまくるわけです。

一方、盾に関しては「こいつ、まぢでガード堅いんすよ!ガチで防御力、パねぇんすよ!!この盾を突き通せる矛があったら見せてほしいくらいっすよ。いや、まぢで!!だって絶対ないから!!」とベタ褒め。

つまり、この矛と盾をダブルで装備すれば無敵の戦士になれるってことですね♪

しかし、ここで禁断の質問を口にしてしまうお客が出現!?

「じゃあさ、アンタの売ってる矛でアンタの盾を貫こうとしたらどーなるワケ?」

…たっ、確かにっ!!この商人、さっきから都合のいいように宣伝しているだけなんじゃないか!?イタすぎる指摘をくらった商人は、答えに窮してしまいます。

はい、これが“矛盾”の成り立ち。どうです?実際問題この商人の話、辻褄が合わなくなっちゃってるでしょ?

【推敲(すいこう)】詩や文章をよりよくするため、練り直すこと

お子さまが作文する機会はけっこうありますよね。特に読書感想文は夏休みの宿題の定番!保護者のみなさんがゴーストライターをしちゃったりするのはNGですが(笑)、どうやって書き進めればいいか、相談に乗ってあげた経験ならあるのでは?

一筆書きに近い状態でササッと完成させた文章は、勢いだけはすごくても内容が支離滅裂になってしまいがちです。そこで必要になるのが“推敲”という作業!自分の文章をじっくり読み直し、あーでもない、こーでもない…とベストな表現を追求しなければ、本当にすぐれた文章を仕上げることは難しいんですね。

1 2 3次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。