体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中1~中3】期末テストが近づいてきた!高得点を狙う勉強法の秘訣とは!?

【中1~中3】期末テストが近づいてきた!高得点を狙う勉強法の秘訣とは!?

そろそろ期末テストの時期ですね!お子さまの様子はいかがでしょうか。保護者のみなさんの心配も知らずのんびりしていますか?それとも、何も言わずとも計画的に学習を進めているでしょうか?

勉強へのモチベーションや進め方は個人差が大きいもの。大切なのは見守る心…と分かってはいるものの、親としては気が気じゃないというのが本音ですね。

今回は、期末テストで高得点を狙う勉強法のコツについてご紹介します!

期末テストの基礎知識~時期は?時事問題も出るって本当?~

まず、期末テストについて簡単におさらいしておきましょう。

期末テストの時期

一学期…7月初旬

二学期…11月中旬~下旬

三学期…3月初旬(中学3年生は2月中旬~下旬)

学校や地域、公立か私立かによって多少は異なりますが、おおむね上記のスケジュールで実施されることが多いようです。年度初めにはすでにスケジュールが決まっていることが多いので、4月に年間行事のプリントなどをもらったら、記載されている予定をすぐにカレンダーに書いてしまうとよいでしょう。

テスト期間

一般的な中学校の場合、2日間であることが多いようです。

出題範囲

期末試験の出題範囲や難易度は学校によって異なりますが、基本的には中間テスト範囲も含めた、「その期中に行われた授業の範囲」です。また、教科によっては教科書の範囲だけでなく、時事問題なども出題されます。社会や美術、音楽などは特に時事問題が出題されやすいので、日常的に話題のニュースをチェックしておくとよいでしょう。

期末テストで高得点を狙うコツ4選!

それでは、肝心の期末テストで高得点を狙うコツをご紹介します!

1.計画的な勉強

期末テストは範囲が広く、テスト科目も多いのが特徴です。ですから、遅くとも2週間程度前から計画的に勉強し始めることをおすすめします。最初は「国・数・英・理・社」の主要5科目を中心に、苦手な部分の克服に力を入れましょう。テスト直前は模試などで得点力を高めます。

テスト前日や当日の「直前の詰め込み」は最終手段としましょう。基本的には体力を消耗しないよう、テスト期間中の勉強は、全体の見直しや自信がある(ので、ほとんど手を付けていなかった)教科の見直しにとどめるほうが無難です。

2.過去問の復習

過去にテスト(小テスト・中間テスト)で出たところをしっかり復習しましょう。テストの復習はそのまま苦手分野の発見と克服につながります。

3.イージーミスを防ぐ

特に、数学での計算問題や応用問題の途中計算でイージーミスをしてしまうのはもったいないことです!イージーミスを防ぐだけで、プラス20点も夢ではありません。

イージーミスは「焦り」と「油断」から生まれます。つまり、注意力が落ちてくることが原因なのです。これを防ぐには、「時間内で一定数の問題をこなす練習」をすることをおすすめします。時間を計りながら模擬試験問題を解くことが最も効果的。試験会場と似た環境を作って「本番慣れ」をしておくことで、実際のテストの時には、焦らず解くことに集中し、落ち着いて見直しができるようになるでしょう。

4.効率よく暗記する

英単語や漢字・歴史年表などの暗記項目は、単語カードをただ何となく持ち歩くだけでは効率の良い暗記はできません。そこでおすすめしたいのが、カード分類法です。

まず、単語カードを全て見直し、「すぐ分かったもの」「何とか当たったもの」「間違えた・分からなかったもの」の3グループに分類します。そして、普段持ち歩き重点的に見るのは、「間違えた・分からなかったもの」の束です。余裕があれば「なんとか当たったもの」のグループをさらっと見直しても良いでしょう。

さらに、定期的にカードをバラして混ぜ、全てを見直し、またグループ分けをして「間違えた・分からなかった」カードのみをまとめます。

これを繰り返すと、徐々に持ち歩くカードの量が減っていきます。間違えやすいものを重点的に学べるうえに、モチベーションもあがりやすくなるでしょう。

お子さまは大丈夫!?こんな期末テストの勉強法は非効率!

【中1~中3】期末テストが近づいてきた!高得点を狙う勉強法の秘訣とは!?
1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。