体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みの自由研究に♪解明したら世紀の大発見!?ロマンくすぐる【世界のミステリー】

夏休みの自由研究に♪解明したら世紀の大発見!?ロマンくすぐる【世界のミステリー】

みなさん、ミステリーはお好きですか?

子どもから大人まで多くの人たちを惹きつける世界の謎。そんなことありえないと頭では分かっていても、そこにロマンを感ぜずにはいられない…それがミステリー。

科学が発展し、謎がどんどん解明されていく現在においても、今なお未解明な出来事は山ほどあります。それをくだらないオカルトだと切って捨ててしまうのは簡単ですが、世の中はまだまだ分からないことの方が多いんですよ!

ミステリーを解明するというのはこの世界の神秘に目を向けることとも同義。すなわち、この世界を正しく理解するためには、ミステリーを解明するほどの膨大な知識が必要なのです!!

そんな世界の謎の数々、お子さまの夏休みの自由研究のテーマにうってつけかもしれませんね♪

ということで今回は、我々のロマンをくすぐる世界のミステリーをご紹介しましょう!!

ドント・ストップ・ワクワク!世界のミステリー5選

【モアイ像】 イースター島に無数にそびえ立つ人面石像

チリのイースター島にそびえ立つ巨大な人面石像「モアイ像」。教科書にも載っている石像なので知っている人は多いですよね。

平均して重さ3トン、高さ3.5メートルにものぼる巨大石像。誰が何のために、こんなに多くの石像をわざわざ作ったのか。そしてどうやって運んできたのか。その謎は未だに解明されていないのです!!

未完成も含めるとその数は1,000体ほど。完成しているほぼ全ての像が海面に背を向ける形で置かれているのには、何か秘密がありそうですね…(ゴクリ)。

これまでは祭祀目的で作っていたのではと言われてきましたが、最近の研究によると「モアイ像」は墓石だった可能性が高く、死者を弔うために作られたのかもしれないと議論されています。ですが、その根拠となる証拠は発見されていないので、謎は深まるばかりというわけですね。

わざわざイースター島に見に行くのは途方も無く大変なので、都内にお住まいの場合はお子さまを連れて渋谷駅西口にあるモヤイ像を見に行ってみてください。髪が生えていたり、コンパクトにされていたりと多少(かなり?)アレンジが加えられていますが、雰囲気はおそらく実物もこんな感じです(笑)。

【バミューダトライアングル】 入ったら最後、跡形もなく消え去る!?

アメリカのプエルトリコ諸島、バミューダ諸島、フロリタ諸島を結んだ三角形の海域は100年も昔から100機以上の航空機、1,000人以上の人が行方不明になっていることで有名な魔の三角海域…!

そう、通称「バミューダトライアングル」と呼ばれる神隠しスポットなんです!

そこに入ったが最後、船、飛行機、さらにはそれに乗っていた人々までもが跡形も無く消えてしまうそうで…お、恐ろしいですね。

どうせタイフーン(発達した熱帯低気圧)とかそういう自然現象だろと思うかもしれません。ですが、普通残骸くらいは残ってるでしょう?…残ってないんですよ!!(怖)

この「バミューダトライアングル」にはいくつの説があります。

宇宙にあるブラックホールと同じく異世界に通じているというブラックホール説。

宇宙人がUFOを使って誘拐しているという宇宙人説。

この地域特有の強力な電磁波によって跡形も無く消失しているという強電磁波説。

この海域には動物の死骸が積み重なって出来た層“メタンハイドレート”があり、メタンが船や飛行機に影響して沈没、墜落してしまうというメタンハイドレート説。

そして最近の研究で最も有力視されているのが…。

失踪事件はほとんどがでっち上げ、もしくは操縦士の単なる操作ミスでそもそも事件なんて起こってない説!(そんな身も蓋もない…)

「ちょっと待てよ、ミステリーじゃないのかよ」とがっかりしましたか?ですが、この海域でトラブルが起きやすいのは事実。もし近くに遊びに行くのなら(行かないと思うけど)誤って近づかないよう十分にお気を付けください!!

【サンジェルマン伯爵】 4000年以上生きた不死身の男

世界史史上最も謎な男、「サンジェルマン伯爵」。

何でも賢者の石によって不老不死の体を得た不死身人間で、周りの人からは“wonderman”と呼ばれていたそうな…。

…って、決してラノベ(ライトノベル)に出てくるキャラクターの解説じゃないですよ!敵か味方か「サンジェルマン伯爵」…とかいう中2病的なノリじゃないですよ!

そんな「サンジェルマン伯爵」は本人いわく、イエス・キリストが生まれた頃から存命で、キリストの奇跡話をさも自分が目撃していたかのような口ぶりで話したり、当時の技術では不可能なダイヤモンド内部の傷を修復してしまったりと数多くの仰天エピソードをお持ちの人物です。

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。