体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな大好き!恐竜を自由研究のテーマにしよう!

自由研究のテーマに「恐竜」を取り上げたいという人は非常に多いでしょう。毎年夏休みになると各地の施設で開催される恐竜展は連日多くの親子連れでにぎわいを見せ、また恐竜をテーマにしたキャラクターはいつの時代も子どもに大人気です。ただ、いざ「恐竜」を研究してみようと思っても、意外と知らないことだらけ!

そこで、そんな大人気なのに未だナゾだらけの恐竜に関する基本知識と、自由研究をする際のまとめ方などをご紹介します。

これがわかれば博士レベル!?自由研究で恐竜を調べてみよう

以下のテーマを参考に、恐竜にまつわる自由研究の調査を行ってみましょう!

恐竜はどんな時代に生きていたの?

恐竜は今から約2億3000万年以上前から約6600万年前までの中生代に地球上に生息していたといわれています。つまり、なんと1億6400万年ものあいだ地球は恐竜の楽園だったということです!ちなみにわれわれのようなヒト科の生物が現れたのが1700万年前といわれているので、改めてその長さに驚かされます。

約2億3000万年前に地球の歴史上最大の生物の大量絶滅があったとされ、大半の生物がいなくなったなかで恐竜の先祖は生き残ったと言われています。この頃は現在ある7つの大陸がひとつの巨大大陸として合体しており、陸上の生態系を支配していたのはワニのような恐竜たちだったそうです。

さらに、約2億年前にまた生物の大量絶滅があり、多くの生物が絶滅した中でこれも生き延びた恐竜たちは、文字通り地上の王者となりました。この時代の地球は火山活動が活発で現在よりも暖かく、また湿気も多かったそうです。

恐竜にはどんな種類がいたの?

恐竜と一言でいってもその種類はさまざまで、大きさもニワトリくらいの大きさのものから80トン以上あるものまで、現在まで発見されているだけで540種の恐竜がいたそうです。

なかでももっとも有名で、最強種といわれているのがティラノサウルスです。体長約13メートル、体重約6トンの巨大な肉食恐竜で、その歯は最大で18センチ以上あったというのですから敵がいないのも頷けます!ちなみに「ティラノサウルス」とはギリシャ語で「暴君のトカゲ」という意味で、そんななかでも最強と呼ばれていた種類は「ティラノサウルス・レックス」と、ラテン語で「王」を意味するレックスという言葉まで入ります。

ティラノサウルスに次いで人気なのが「三角獣」とも呼ばれるトリケラトプスです。サイを思わせるような3つの角と盾のように大きく張り出した頭部が特徴で、その見た目から肉食のように思われますが、実は草食動物で群れをつくって生活をしていたのではないかと考えられています。ただその1メートル以上の角と約9メートルにも達する立派な体格のおかげで、肉食恐竜たちも容易には攻撃をしかけなかったのではないかと言われています。

また以前までは恐竜たちのなかでも最大種と言われていたブラキオサウルスに取って代わって、現在では地上最大の動物だったとされるアルゼンチノサウルスも近年人気急上昇中の種族です。全長はなんと40メートル以上、体重も90トンあったといわれ、まるでジェットコースターがまるまるひとつ動いているようなもの!

人間の何倍?なぜ恐竜は巨大化したの?

恐竜の魅力はなんといってもその大きさ。現在の地球上を見回しても、陸上動物でこれほど大きな動物はいません。では一体なぜ恐竜たちはそこまで大きくなれたのでしょうか?

実は、それは恐竜が支配していた当時の地球環境に秘密が隠されています。恐竜たちが生きていた中生代の地球は、現在より気温が高かったおかげで降水量が多く、また火山活動が活発だったことから大気中の二酸化炭素濃度が高かったそうです。

こうなるとまず大きく変わるのが植物です。植物は二酸化炭素と水、そして太陽光を養分とするので、それらが豊富にあるということは植物たちが大量に存在し、また巨大化したと思われます。すると、草食恐竜たちにとっても食料が豊富だということになります。

また恐竜たちは現在の爬虫類と同じように恒温動物であったため、体温を維持するのに多くの体力を使う哺乳類とは違い、食べれば食べるだけスクスクと成長していく身体の仕組みになっています。これに先ほどの豊富な食料があったことから、恐竜たちの身体はどんどん巨大化していったのではないか、と予想されています。

なぜ恐竜は絶滅したの?「仮説」を調べてみよう

1 2 3次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。