ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先生が感心!?激怒!?困惑!?斜め上の発想すぎる【読書感想文】列伝!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏休みの宿題で、子どもたちが苦労するお題として「自由研究」と双璧を成すもの…それは「読書感想文」ではないでしょうか!?

読書が好きな子、国語が得意な子からすれば“ちょちょいのちょい”かもしれませんが、そうではない子どもたちからすると毎年苦戦させられるものですよね。

そこで、困っているお子さまにみなさんが救いの手を差し伸べられるよう、今回は斜め上の発想で読書感想文を書いたツワモノたちのエピソードを10つ紹介させていただきます!

先生が感心しちゃった読書感想文

『シンデレラ』は努力不足で共感できず

「私が小3の時の夏休みの宿題で書いたのは『シンデレラ』の読書感想文。『シンデレラ』がやたら美談みたいに語られてるのを、ちっちゃい頃の私も疑問に思ってたんでしょうね。確か、『シンデレラは何の努力もせずに他人(魔法使いや王子様)に助けてもらって幸せになれちゃうのはおかしい』、『私は一生懸命努力して自分の力で幸せを掴みたい』みたいなことを書いたら、先生に絶賛されましたよ♪」(中3女子)

『国語辞典』の冒頭で“愛”を叫ぶ!

「国語辞典で読書感想文を書いた猛者がいたって話、聞いたことあるよ。感想文の冒頭では国語辞典の前書きとか著者の経歴について触れてて、そこまでは普通だったらしいんだけど、圧巻はそこから!辞典の中の『愛』の項目について、原稿用紙の3枚目のラストまで延々書き綴ってたんだって(笑)。いや、それもう読書感想じゃなくて、その人の“ラブ論”だよね」(中3男子)

某ホラー小説をディスった結果…絶賛

「結論から言うと、あるホラー小説をボロクソにディスったんですよ。けなしまくった手前、その本のタイトルは伏せておきますが…(苦笑)。でも、設定も突飛すぎてありえないし、かといって内容も面白いわけでもなかったので、懇々とその物語とかその作家のダメな部分をロジカルに指摘してったんです…原稿用紙13枚使って。そしたら担任の先生は、その本を原作にした映画は観たことあるみたいだったので、僕の指摘に感心してくれましたよ」(中2男子)

一見すると柔軟な発想の読書感想文に思えますし、もちろんそうでもあるんですが、この3つの根底に共通しているのは、“固定観念にとらわれない”&“ブレない自分の芯を持っている”ということではないでしょうか。文字通り、自分が感じた“感想”をストレートに文章として綴ったからこそ、先生も一目置くような出来栄えになったように思えます。

先生が激怒しちゃった読書感想文

ピカソの伝記を選べば楽勝クリア!?

「去年の夏休みは画家のピカソさんの伝記で感想文を書きました。ピカソさんが好きだったとか興味があったとかでは一切なく、選んだ理由はピカソさんの本名がめっちゃ長いから(笑)。パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・シプリアーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダット・ルイス・イ・ピカソってゆうんですよ。そうなんですよ、80文字以上もあるんですよ。名前を1回出すだけで約80文字稼げるわけですが、学校の指定は400字詰め原稿用紙3枚以上だから、800文字ちょっと書けば一応クリア…。文章内にピカソさんのフルネームをたくさん書いたのは言うまでもありません(笑)」(小6男子)

感動して泣いたのは…ゲーム攻略本!

「僕、ゲームの攻略本で感想文書いたことありますよ、『ファイナルファンタジー』のやつで。夏休み中にそのゲームをクリアしたからなんですけど、ストーリーがとても面白かったので、そのドラマチックな物語展開の仕方についてとか、あのシーンには感動して泣いてしまいましたとか、けっこう真面目に書いたんですよ。でも、ダメでした。当然ですけどマジですげぇ怒られました、先生にも親にも。だから絶対に真似しないでください(苦笑)」(高2男子)

『ガンダム』ファンの先生にはお見通し

「自分は『機動戦士ガンダム』シリーズのファンなので、中1の時の読書感想文では『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(作者・結城恭介)で書いたんです。でも、最初にアニメ版を全部観た後に小説版を読み始めたんですが、展開がアニメ版とほぼ同じだったので、半分ぐらいまで読んだところで飽きちゃって、そのまま感想文も書いたんですよ。そしたら提出した感想文を読んだ先生から、『君、ちゃんと小説を最後まで読んでないだろ!』ってなぜか見透かされて…。実は先生もガンダムファンらしく、この小説も読んでいたみたいなんだけど、『〇〇(主要登場キャラ、ネタバレのため伏字)はアニメ版では死んだけど、小説版では奇跡的に生還するんだよぉ!!』と先生、大激怒(苦笑)。ズルはしちゃダメなんだなぁって思いました」(中3男子)

先生が激怒するのも頷ける、マネはしない方がよさそうなこの3つのお話。ですが、ピカソの伝記やゲームの攻略本の話など、一応ギリギリ「読書感想文」の体裁を維持できていますし、その着眼点はちょっとすごいかも!?「ラクをしよう」という気持ちから生まれているわけですが、その発想の自由さが正しい方向に向かっていればよかったのかもしれませんね(笑)

先生が困惑しちゃった読書感想文

衝撃的な『家畜人ヤプー』に先生ドン引き

「ネットに『読書感想文に書くと親呼び出しにされる図書一覧』っていうサイトがあるんですよ。で、中2の時にそこに載ってた『家畜人ヤプー』(作者・沼正三)っていう小説で感想文書いたんです。その小説は未来の帝国が舞台で、要約すると日本人は家畜(ヤプー)で白人さんに支配されてるって内容…(苦笑)。マゾとかグロとかてんこ盛りのサイコなお話なんだけど、感想文の最後に『もし白人として生まれたらこの帝国に住むのも悪くないと思いました』って書いたら、親は呼び出されなかったけど先生にはドン引きされたよね(笑)」(高2女子)

『ウォーリーをさがせ!』を深く考察

「小6の時、母親から『ウォーリーをさがせ!』っていう絵本が流行ってたと聞いて、見てみたんですよ。絵本というか、内容は群衆の中に紛れ込んだ赤と白のボーダー柄の服を着たお兄さん・ウォーリーを探すというものだから、厳密に言うと“読書”ではないかも(笑)。だけど、僕は“ウォーリーは実は殺人犯で追われている”っていう都市伝説を知ったので、その説が本当だと仮定して、ウォーリーはなぜ逃げ出したのかとか、なぜ常にニコニコ笑顔なのかとか、思ったことを感想として書いた記憶がありますね」(高1男子)

先生に心配された(?)『中学生失格』感想

「小学生の頃はギャルに憧れてたから、てんちむさん(橋本甜歌、『天才てれびくんMAX』などに出演していた元子役タレント)が書いた『中学生失格』で読書感想文書いたことあったよ。てんちむさんは、テレビのイメージで“いい子”に見られていたからそのギャップに苦しんでたり、中学生なのにいろんな男の人と遊びまくったり、悩みに悩んで自傷行為をしたり…ってヘビーな内容だったな(苦笑)。でもって、感想文では『そんなてんちむさんに共感しちゃいました』って書いたら、なぜかそれ以降、担任の先生が私に対してやさしくなったような気が…(笑)」(高1女子)

藤田ニコルはプロフェッショナル?

「去年テレビを観てたら、モデルの藤田ニコルちゃんが芥川賞を受賞した小説『火花』の読書感想文を書いて、作者である又吉直樹さんの前で発表するっていう企画をやってたんです。ニコルちゃんの感想文は『若い子たちには“火花”より“花火”の方が人気が出そうと思いました』とか書いてて、ラストには『途中で読めなくてあきらめたんでハッピーで終わることを願います』と最後まで読んでないことを暴露しちゃってて(笑)。読書感想文の宿題としては絶対ダメだけど、“愛されるおバカキャラ”を貫いてて偉いなぁと思いました」(中2女子)

(最後の藤田ニコルさんの話は置いておいて)先生も感心していいのか、怒っていいのか、迷ってしまうほど唖然としてしまったであろうエピソードでしたね。ちょっと他のお子さまとは違う視点に先生もビックリしてしまったのかもしれませんが、それも子どもたちの個性としてぜひいい方向に伸ばしていってもらいたいものです!

発想の仕方のアドバイスや反面教師に!

いかがでしたでしょうか?

読書感想文に悩んでいる子どもへのアドバイスとなりそうなエピソードや、反面教師となりそうなエピソードが盛りだくさんでしたよね(笑)。

いずれも共通しているのは自由な発想で本を選んだり、独自の視点で感想を書いたりと、読書感想文を通じてその子どもの個性があふれ出ているということではないでしょうか!

マネしちゃダメな内容もありましたが、斜め上の柔軟な発想ができる個性豊かな人間に育ってもらうために、自身の子どもに今回紹介したようなエピソードを話してあげて、一緒に夏休みの読書感想文のテーマを考えてあげるのもいいかもしれませんね♪

関連記事リンク(外部サイト)

勉強のやる気が出ない人必見!簡単にやる気を出す方法4選!【中学生・高校生向け】
一番大切で身近な存在…自由研究で水を徹底調査!

スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP