体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中学生における英語教育の現状とこれからの方向性は?

お子さまが小学校に通いだして「私が子どものときは中学校から英語の授業が始まったのに、今では小学校の授業で英語があるのね」と思った保護者のみなさんも多いのではないでしょうか?そうなんです。2011年から小学校の英語は必修化になりました。それにともない、中学校での英語教育にも変化が求められるようになります。

それまで中学校の英語教育は、主に読んだり書いたりすることに重きを置いて、コミュニケーションのツールとして英語を捉えるという視点が不足していました。しかし、国際化に英語は必須であるとの観点から、さらに「聞く、話す」スキルも必要だと指摘されるようになったんです。

子どもの習い事の上位に「英会話教室」がランキングされるほど、英語教育への関心が高まっている今だからこそ、改めて中学生における英語教育の現状とこれからの方向性を見直してみましょう。

中学校で行われている英語教育は今どうなっている?

中学生が英語を学ぶ手段として、学校、学習塾、英会話教室などが挙げられます。ここでは、基盤となる学校の英語教育を中心に、それぞれの特徴に触れていきましょう。

日本で行われている英語教育の取り組みとは?

2016年度に中学校の教科書が改訂されました。教科書によって差がありますが、これまでと同じ単元でも、本文の内容が変わっているなどの変更点が見られます。

なぜ同じ単元なのに、本文の内容が変更されたのでしょうか?

それは、「読む、書く、聞く、話す」の4技能をバランスよく習得することが必要とされるようになったからです。これまでは、「読む、書く」に重点が置かれていましたが、国際化にともない、英語によるコミュニケーションがますます求められるようになったことを反映しているんですね。具体的には、「身近な話題についての理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養う」(※1)ことが求められるようになりました。

文部科学省のホームページの「外国語教育」のページを見ると、英語教育に関するさまざまな取り組みが掲載されています。このことからも、国全体が英語教育に力を入れていることが分かるのではないでしょうか。

学校以外には学習塾や英会話教室があります。塾では、受験対策として英語を受講している人が大多数でしょう。中には、付属校に通う生徒が、内部進学の対策として学校の補習をしているかも知れません。いずれにしても、コミュニケーションツールとして英語を学ぶというよりは、希望の高校に進学するために必要だからという理由で英語を学んでいることが多いようです。この場合、塾の先生に志望校の過去問を分析してもらい、対策を立て、傾向に合わせてコツコツ勉強していきます。

合格圏内まで偏差値を上げるためには単語を覚え、長文読解にも対応できる読解力も求められます。会話力などとは別分野を鍛えることになりますが、この間に単語力や長文読解の力をぐっと蓄えることができるので、しっかり学んでおきたいものです。

英語教育はいつから実施されている?

英語は、国語、数学とともに主要3教科として位置づけられていますが、そもそも、英語教育はいつから実施されたのでしょうか?

さかのぼること1886年(明治19年)。「学校令」のひとつとして「(第一次)小学校令」が制定され、英語教育が推進されるようになりました。しかし、明治維新後、急速に欧米化する風潮に異論を唱える人も多く、今の小学校高学年から中学校にあたる学年にのみ限定されての実施となりました。しかし、その後、日本語を重視した教育方針へと転換し、小学校での英語教育は禁止され、第二次世界大戦、太平洋戦争の期間は、敵国の言葉として使うことが禁止されるようになったのです。

中学校や高等学校で英語の授業が再開されたのは第二次世界大戦後でした。基本的には、日本語で英語を教えるという授業スタイルだったため、必然的に「読む・書く」技能を習得することが求められていました。

1958年(昭和33年)に文部省(現:文部科学省)が発表した「中学校学習指導要領」によると、英語の授業時間は年間で105時間、週に3時間と定められていました。しかし、選択教科と組み合わせて、実際には英語の授業時間は週に4時間(中学3年生は5時間)でした。(※2)

その後、ゆとり教育の導入により1981年(昭和56年)からは、それまでの週4時間から週3時間となりましたが、英語教育に対する期待が高まる中、この措置には多くの批判が寄せられました。そして1989年(平成元年)の学習指導要領の改定で週4時間に戻されました。

今のままで大丈夫?日本の英語教育の問題点は?

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。