体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯電話(スマートフォン)は勉強に影響なし!?正しく使えばサクサク勉強ツールにも!

携帯電話(スマートフォン)は勉強に影響なし!?正しく使えばサクサク勉強ツールにも!

悪者扱いされやすい携帯電話(スマートフォン含む)。お子さまに持たせるかどうか悩んでいる保護者のみなさんも多いのではないでしょうか。

そこでスタディサプリでは、中学生のお子さまを持つ母親100人にアンケートを実施(2016年8月調べ)。携帯電話(スマートフォン)の実態と学業への影響を検証してみました。

携帯電話(スマートフォン)はどのくらいの中学生が持っているの?

まずは携帯電話(スマートフォン)の所持率からチェック!

Q1.お子さまは携帯電話(スマートフォンを含む)を持っていますか。

A1.はい……75人/いいえ……25人

携帯電話(スマートフォン)は勉強に影響なし!?正しく使えばサクサク勉強ツールにも!

■調査実施日:2016年8月 調査対象:中学生の子供を持つ母親100人

結果は、4人に3人が持っている結果になりました。

もう携帯電話(スマートフォン)を持っている中学生の方が多くなっていますね。

Q2.その理由は?

お子さまに持たせている理由としては、「共働きだから」「子供との連絡手段(公衆電話が少ない)」「子供同士の人間関係のため」「部活動などの連絡をしないといけないから」「塾・部活帰りが遅いので防犯/GPSをつけて位置を確認するため」「災害など、万が一に備えて」などがありました。

昔とは違い、今は公衆電話を探すのも一苦労する時代。保護者が共働きで連絡手段が必要というのもうなずけますね。GPS機能など、防犯や災害時への備えと考えている方もいました。

また、お子さま同士のコミュニケーションにも携帯電話(スマートフォン)は重要なツールになってきていることがうかがえます。部活動の連絡がグループLINEなどで送られてくるケースも増えているのではないでしょうか。

お子さまに携帯電話(スマートフォン)を持たせていない理由としては、「まだ必要がない、トラブルの原因になるから」「変なサイトに引っかからないか心配なので」「人間関係のごたごたに巻き込まれたくない」「勉強に悪影響が出そうだから」「学校で禁止されている」などがあり、特に悪影響を心配する声が目立ちました。

いつから持たせる?料金はいくら?イマドキ携帯電話(スマートフォン)事情

いつから持たせる家庭が多いの?

では、携帯電話(スマートフォン)はいつ頃から持たせているものなのでしょうか。

Q3.お子さまは携帯電話(スマートフォン)をいつから持っていますか。

A3.小学校入学前……1.3%/小学校低学年……18.7%/小学校高学年……29.3%

中1……28%/中2……6.7%/中3……16%

携帯電話(スマートフォン)は勉強に影響なし!?正しく使えばサクサク勉強ツールにも!

■調査実施日:2016年8月 調査対象:Q1にて「はい」と回答した中学生の子供を持つ母親75人

もっとも多いのが、小学校高学年。次いで中学1年生の時との回答でした。これは、塾や習い事など学校外の活動が増えてきたり、部活動など帰宅が遅くなったりするタイミングなのではないかと推察できますね。

Q2.の持たせている理由からも、昔よりもお子さまと連絡を取らなければならない場面が増加していること、保護者のみなさんがお子さまを心配していることがわかりますから納得の結果です。

入学前からキッズ携帯を持たせていたという方も1名いらっしゃいました。使い方を話し合い、早い段階からマナーを一緒に学んでいて、世の中に順応しているとのこと。いずれほとんどの人が携帯電話(スマートフォン)を持つ時代ですから、こうして家族で勉強していくことが求められていくかもしれませんね。

使用料はいくらくらいかかる?

とはいえ、やはり気になるのは使用料!いくらくらいかかるものなのかも聞いてみました。

Q4.お子さまの4月の携帯電話(スマートフォン)使用料はいくらですか。

A4.5000円以下……52%/5000円~7000円……22.7%/7000円~9000円……16%/9000円~1万1000円……6.7%/1万1000円~1万3000円……1.3%/1万3000円~1万5000円……1.3%/1万5000円以上……0%

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。