体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【名作洋画のセリフ】意味変わりすぎ!?日本語字幕の意訳がハイセンスでかっこいい件

生活・趣味
【名作洋画のセリフ】意味変わりすぎ!?日本語字幕の意訳がハイセンスでかっこいい件

洋画を日本語字幕で観ていると、時々とんでもなくかっこいい言い回しが出てくることがありますよね!

中にはぶっ飛んだ意訳にしすぎたあまり、実際のセリフと字幕で内容が全く変わってしまい賛否を呼んでしまうこともあります(笑)。が、直訳では伝わりにくい表現が、意訳することによって見る人に共感を与え、名言と呼ばれるようになることもありますからね!

ということで、今回は意訳のスペシャリストである翻訳家が生み出したハイセンスすぎる名セリフの数々をご紹介しちゃいます!

言葉のチョイスがウィットすぎる意訳10選

明日は明日の風が吹く

(『風と共に去りぬ』/1939年公開)

≪セリフ≫

Tomorrow is another day.

ヒロインであるスカーレット・オハラの最後のセリフ。直訳は「明日は別の日だ」ですが、字幕ではことわざの「明日は明日の風が吹く」を当てはめています。もちろん欧米にそういったことわざはないので、「なんとかなるでしょ!」ぐらいの意味。最近では「明日に望みを託して」なんて訳され方もあるようです!

世界はオレのものだ!

(『タイタニック』/1997年公開)

≪セリフ≫

I’m king of the world!

主人公のジャックが船の先端で放ったあのセリフ♪「私は世界の王様だ」というのが直訳になりますが、世界を統べる王ということで「世界は俺のもの」と訳したわけですね。社長椅子にふんぞり返って言ってみたいセリフ、ナンバーワン!(笑)

諦めるな、1度諦めたらそれが習慣になる

(『がんばれ!ベアーズ』/1976年公開)

≪セリフ≫

This quitting thing, it’s a hard habit to break once you start.

直訳は「やめること、それは一度始めるとやめるのが難しい癖だ」になります。直訳を見てから意訳を見ると、その絶妙な訳がより分かりますよね!始めるという意味の“start”を逆の意味の「諦める」に訳すなんて…普通できませんよ!

今を生きろ若者たちよ。素晴らしい人生を掴むのだ

(『いまを生きる』/1989年公開)

≪セリフ≫

Carpe diem. Seize the day, boys. Make your lives extraordinary.

ロビン・ウィリアムズ演じるジョン・キーティングが放った言葉。直訳だと「その日を掴め、若者たちよ。人生を素晴らしいものにするのだ!」という感じ。そのままでも十分かっこいいですが、意訳の方がダイレクトに響く感じがしますね!ちなみに“Carpe diem”とはラテン語で「その日を掴め」という意味になります。

言葉は悪いですが、欲は善です

(『ウォール街』/1987年公開)

≪セリフ≫

Greed, for lack of a better word, is good.

劇中に登場する経営者ゴードン・ゲッコーが株主総会で演説した際に言った言葉。“for lack of a better word”で「他にいい言葉がないんですが…」といった意味になります。これを「Greed is good.」に挟むことで「言葉は悪いですが」としているんですね。元の意味からはだいぶ変わってしまっている気がしますが…ニュアンスが伝わればイイんです!

君の瞳に乾杯

1 2 3次のページ

スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会