ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットを成功させるのはどっち?使い分けたいストレッチ法2つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


一言で「ストレッチ」と言っても、負荷の大きさやスピードなどによって、ダイエット効果が異なります。“今のあなた”に必要なストレッチはどちらでしょうか。今回は、2つのストレッチ法の違いとダイエット効果をご紹介します。

1:筋肉を柔らか&しなやかにする「代謝アップストレッチ」

ダイエットに役立つストレッチの1つは、20〜30秒間かけて、ゆっくり・しっかり筋肉を伸ばすストレッチ。

ストレッチの刺激で体温を上げ、血液やリンパ液などの体液循環を促すはたらきがあり、新陳代謝の促進効果が期待できます。また、痛気持ち良い程度の力加減で行うことで、心身をリラックスさせたり、ストレスを解消させたりする効果が期待可能。さらに、筋肉を柔らかく、しなやかな状態に整えることで、身体の可動域を広げ、運動効果を高める効果も期待できます。


代謝アップストレッチは、まさに“痩せ体質”に整えるストレッチのこと。体液循環を促進すると、老廃物の排出がスムーズになり、疲労回復が早まります。運動と並行して行うことで、より運動効果が出やすく、体脂肪を燃焼させやすくなります。

朝に行うと、その日1の代謝を高める効果が、運動前に取り入れれば、運動効果を高める効果が期待できます。

2:脂肪燃焼運動にもなる「リズムストレッチ」

リズムストレッチは、リズミカルな動きを行いながら筋肉を温めるストレッチ。時間をかけてゆっくりと筋肉を伸ばす代謝アップストレッチとは異なり、ダンスを踊るように“リズミカル”に“全身を大きく動かす”のが特徴です。


筋肉に刺激を与えて伸ばしながら、全身を大きく動かすことができ、まるで代謝アップストレッチと有酸素運動を同時に行っているようなもの。ダイエットのための運動と、ダイエット効果を高めるストレッチが同時にできる、一石二鳥のストレッチ法です。

リズムストレッチは時間に余裕のあるときや、「(時間や体調の制約などで)運動はできないけれど、ストレッチならしっかりできる」という場合におすすめ。運動嫌いな人でも手軽に挑戦できるのも魅力の1つです。

“今のあなた”に必要なストレッチはどちらでしたか?ライフスタイルや体質、体調に合わせて選び分けてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

ダイエット中のあなたに朗報♡おやつを食べても太りにくい時間帯があった!
筋トレもやり方次第!すらっとスリムを目指す人の筋トレ法とは?
モードにもナチュラルにも♡夏から秋まで使える「オレンジメイク」のポイント
バスタイムは全身エステタイム!「軍手」を使って、お金をかけずに脂肪押し出しマッサージ!
ボリューム不足は老けの元!髪のトップのペチャンコを解消する方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP