体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おみくじ猫で話題の猫寺副住職が困り顔 誤った情報を流さないで

おみくじ猫で話題の猫寺副住職が困り顔 誤った情報を流さないで

おみくじ引いてくかニャン?───透明なおみくじ箱の中に猫が手を入れて、まるでおみくじを引かんとばかりチャレンジする動画が注目されていました。

たまたま通りがかった猫がそんなサプライズをしてくれたのかと思いきや、この猫ちゃんが住まうお寺は、数年前から“猫寺”という異名を持つほど猫好きには広く知られるお寺。福井県越前市にある曹洞宗「御誕生寺」の日常風景だったんです。

【関連:真夏の炎天下、駐車場に捨てられた通称「家付き捨て犬」のその後】

動画撮影者の彩夏さん(@aya_0814_)に話を聞いてみたところ、観光で訪れた際に話題のお寺だったため足を運んだとのことで、動画の猫はお茶目で人懐っこかったとご満悦。

■「猫寺」副住職に話を聞いてみた

猫寺……何やら猫好きな編集部の食指がビンビン反応する話題。
そこで、今度は御誕生寺の猪苗代副住職に詳しい話を聞いてみました。

御誕生寺は平成になってから建立された新しいお寺だそうです。建設中に4匹の猫が住み着いてしまい、可哀想に感じた住職が飼いはじめたのがことの始まりなんだとか。
以来、10匹20匹と増えていき、多いときでは80匹以上、現在は30数匹の猫が御誕生寺で暮らしています。
猫達はお寺で平和に暮らしているものの、繁殖しないよう全てに避妊手術をしているそうです。

また、それぞれの猫の里親を探すという活動を「ぬこブログ」はじめFacebookなどで行っており、現在までに御誕生寺が結んだ里親のご縁は約300匹にも上ります。
(御誕生寺の日常:提供・御誕生寺)

(御誕生寺の日常:提供・御誕生寺)

■誤ったまま流れる情報に困り顔

しかし一方で話題になったからこそ生じる問題も。

当編集部では彩夏さんの動画をもとに記事化をすすめていたのですが、取材の際話を聞いているとどうやらこの数日同じ猫ちゃんの写真がネットで話題となり、しかも誤った内容を含んだままの記事まで配信され困ることが起きているそうです。言われてみて調べてみると確かに話題になってた……。

まず、おみくじの値段について。多くの記事では「200円」と伝えられていますが、動画をよくよく見てみると「200円以上」になっていることが確認できます。また、中には「猫グッズの販売もしている寺」とも紹介されているそうで、これもお寺としては非常に困ってしまう誤りだと漏らしていました。

まねき猫おみくじや猫グッズは、あくまでお寺への寄付をしていただいたお礼としての「おしるし」だそうです。それゆえに「○○円“以上”」「○○円“から”」との記述がされています。そのため「○○円」という価格の売り物として報道されていることには副住職も困り顔。
(御誕生寺オリジナル御朱印帳。猫募金1000円からのお印。)

(御誕生寺オリジナル御朱印帳。猫募金1000円からのお印。)

■話題になったことで猫を捨てにくる人が後を絶たない

また、猫寺として知れ渡ったことで、お寺に猫を捨てていく人が後を絶たないとも仰っていました。この頃に限ったことではありませんが、話題になればなるほど増えるのが現状。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。