ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローラが編集長を務める『R magazine』配布開始 フリー誌のクオリティを超えていると反響広がる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

モデル、女優、歌手など、マルチな才能で活躍中のハーフタレント・ローラが編集長を務めるフリーペーパー『R magazine』が、9月3日に開催された「TOKYO GIRLS COLLECTION」を皮切りに、限定配布スポットで無料配布されている。

『R magazine』は、リアルな今の彼女が詰まったフリーペーパー。

ローラがモデルとして紙面に登場するだけでなく、企画、撮影、編集、インタビュー対談といった全ての作業に編集長として携わっている。

ローラは、「ここにはまったくルールはありません。こう見せなきゃ、 とか、こうじゃないと、とかはまったくないのです。すべてが FREE。自由なんです。値段もない本にしようと思ったのも、たくさんの人に見てほしかったからです。 ひとつひとつの言葉からデザインまでに全力でこだわって、 本当に伝えたいことを詰め込んだ一冊です」と、コメントを寄せている。

Twitter上では早くも、「あの内容なのに無料配布ってすごい」「あんなに素敵な読み物がfreeですか」「大切に読みます」「ほんとかわいい」など、反響が広がっている。

全国主要都市の一部のカフェ・アパレルショップなどで配布されている。詳しい配布スポットについてはローラのオフィシャルブログに掲載されているので参照してほしい。

http://ameblo.jp/rolarola/

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「番組内での役割はなんですか?」と聞かれる『水どう』カメラマンの人生論

海外旅行に行くなら知っておきたい 空港の名前にまつわるエピソード

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP