ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、国内版「ZenPad 8.0(Z380KL)」のAndroid 6.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS の日本法人が本日 9 日正午に Android タブレット「ZenPad 8.0(Z380KL)」の Android 6.0 アップデートを開始しました。今回のアップデートは OS のバージョンアップを伴う大規模なものです。OS は Android 6.0 Marshmallow に刷新され、Google Now の新機能「Now On Tap」や節電機能「Doze モード」に対応するほか、「ダイレクトシェア」や「アプリリンク」といった新機能にも対応します。また、Android 6.0 ではアプリへのアクセス管理機能が刷新されており、アプリ単位でアクセス権限の許可 / 拒否を設定できます。ASUS 製品の場合、マルチユーザー機能を使用していない状態でアップデートを実行すると、アップデート後にはマルチユーザーを使用できなくなるので注意が必要です、Apps2SD 機能も利用できなくなります。また、アップデートの過程で「アプリのバックアップ」「カレンダー」「メッセージ」「メール」「音楽」「PC Link」「Remote Link」「What’s next」が削除されるので必要な場合は設定メニューの「ZenUI アプリ」セクションで再度インストールしなければなりません。Source : ASUS

■関連記事
GoogleマップのAndroidアプリでポケモンを捕獲した場所と日時が記録可能に
「タウン Wi-Fi」の対応スポット数が国内最大級 420種・20万スポットに増加
XiaomiのAndroid TV「Mi Box」は米国で10月に発売予定、価格は$100未満になる模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP